人口380万人のバリ島で一人の少女を捜した奇跡的な物語~1枚の写真の力

2 / 2 ページ


「ああ~、この子なら知ってるよ。オレのファミリーだ!」っと言うではないかっ。



私は思わず興奮して、


「もう一度会いたいんだけど、彼女の家に連れていってくれないかな?!」


っと口走っていた。


「よし、オレのタクシーでこれから行こう!」


こうなるとバリでは話が速い。


昼でも夜でも時間はゆったり流れていて、暇にしてるとは聞こえが悪いかもしれないが、


時間がある人がいっぱいいる。


交渉次第でどうにでもなるのがバリなんだ。







気持ちを抑えきれず、急いで彼の車に乗り込んだ。


新車でカーステレオが付いた、立派なバンだった。


この人がバリでも相当リッチななのがわかった。


車は少し走って住宅街ですぐに停まった。





いよいよ長い間、想い続けた瞬間が迫っていた。




が彼が言うように、本当にファミリーなのだろうか?


「今ならたぶん家に居るよ。」っと言うが、不在だったらどうしよう?


不安と期待でいっぱいだった。


私達はただ黙って、彼の後について行くしかなかった。


歩くこと数分、とある細い路地に入っていった。


そして、見るからに立派なある民家の白い石作りの割れ門を通り抜け、中に入っていった。


彼が中にいたおばさんらしき人に、口速に何か尋ねている。


数秒の会話のち、


彼が私達に振り返り、こっちだと合図した。












著者の小野澤 篤人さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。