45人生の岐路 / 海をナメすぎた結果

1 / 3 ページ

前編: 44人生の岐路 / まずは慣れ
後編: 46人生の岐路 / 当たり前が当たり前ではなくなったとき



初デビューを飾った、シュノーケリングから、翌日。

早起きをして、私は海に向かった。

アオウミガメが見られると聞いていたからだ。


やっぱ見ておきたい。

水着がない時は、別に興味なんてないと言っていたけど、そんなの嘘。

見たくて仕方なかったのだ。


昨日の反省を踏まえ、この日は、ライフジャケットを持っていかなかった。

ライフジャケットがあっても、どうせ、海は浅い。意味がないと決めつけていた。


しかし、その判断はのちに裏目に出る。


昨日と同じように、フィン、マスク、シュノーケルの順番で支度をして。

いざ、海へ!


勢いよくと言っても、気持ちの問題。実際にフィンを付けていたら、早く進めない。

小走りに進んでいたら、ちょうど海からあがってきたお姉さんに、

「ブイ(遊泳区間を示す海の道しるべ)の下あたりにカメがいたよ」

と、教えてもらったので、ブイを目指して海へ。


フィンをつけて海を歩くと転びそうになってしまうため、海に入ると同時に座り込み、泳ぐ体制へ。

浅いから、地面に手をつけながら前に進んでいきました。


とは言え。

少しでも早く、前に進みたい。


途中から、地面につけていた手を離し、平泳ぎのような感じで水をかいて行きました。

足は、ゆっくりとバタ足をする感じ。


あまり進んでいなかったけれど、海の様子が分かってきました。

みんなが口を揃えていた、座間味の海は美しいと言っていた事が、ようやく肌で感じられました。

確かに、美しい。晴れていれば、遠くまで海中を見渡せる。


ただ。

海の美しさに見とれて、私の呼吸は乱れていきました。

あれ、海水が入ってくる。てか、マスクが曇ってきた。


……ん?


完全に、海をナメていました。

みんなの読んで良かった!