50歳にして親に捨てられました。

生まれる前から貰われることが決まってました。

「女の子ならあげてもいいよ」

この実母の一言で私の運命が決まってしまいました。
実両親には、ニ男六女がすでにあり実母は40歳で9人目を宿しました。
養母は私とは従姉妹同士(母同士が姉妹)
24歳で結婚5年目で不妊治療中だった養母(以後母と書きます)、飛びついてしまいましたこの話に。

数ヶ月して女の子誕生。
生まれてみれば、かわいい我が子手放したくなくなるのが親心。
この話はなかったことに、と両親。
話が違うと現両親、祖母。
すったもんだの四カ月。
もっと頑張って渡さなければこんな苦労はしてないよ。

結局生後四カ月で養女に行く羽目になりました。

戸籍が変わった直後に母妊娠発覚。
自分の子供に越したことはない。
貧乏しても子供を手放したくないと、実父は私を返すように懇願しましたが、祖母が「犬猫貰ったわけじゃない。⚪️⚪️家の籍に入ったし、自分の遺産はこの子に渡すんだから」と拒否してしまった。

ばあちゃんの遺産何にももらえなかったんだけどね。なんせばあちゃん字が書けなかったから遺言書のこせなかったしな。

次の年弟誕生。
ここから熾烈な嫁姑バトル勃発。

ばあちゃんと私の家庭VS両親と弟の家庭の構図が出来上がってしまいました。
ばあちゃんが私を猫っ可愛がりすると、母は弟を可愛がり。
兄弟げんかすると必ずほうきで叩かれる。玄関から突き落とされる。
雪の日締め出される。
ばあちゃんはオロオロするばかり。
今どきやったら幼児虐待レベル。
父親は優しかったんだよ。大好きだった。
去年の年末娘とは思わない、顔見たくないと法廷で言われた。

今はもう喋れない、動けない寝たきり。
もう会うこともない。死んでも教えて貰えない。
何故こうなったんだろう?

捨てられるために貰われた娘。



著者のOrita Naomiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。