人目を気にしたことが「1ミリ」もない僕が、人目を気にしないで生きていく方法を、人目を気にせず書いてみました。

1 / 3 ページ

「人目を気にしないで生きていく方法を教えて下さい」


これは、ホリエモンがニコニコ動画かなんかで投票型の質問を募集したときに、

そこそこ人気だった質問です。



へぇーこんな事みんな聞きたいんだ、しかもホリエモンに?



って感じた事を覚えてるんですが、

確かに、彼は全く人の目なんか気にしないで生きてるように見えますよね。


僕もそうです。


昔からそうなんですが、

人にどう思われようと構わないというか、


別に嫌われてもいいや。




みたいな事を13歳位から思ってました。

いわゆる「中二病」ってやつです。


正直言うと、幼少の頃は人見知りで友達の輪に入っていけず、

モノの見事に人目を気にしてたんだと思います。

しかし、だんだん「自我」が芽生えてくると、

そんな生き方は嫌だなと思うようになってきました。

それは、


何事にも人目を気にする母親と、

世間体に重きを置く父親を、


ずっと見て育ったからかも知れません。


またそんな派手な服着て…近所の人に笑われるからやめてよ


せめて大学くらい行かないと社会に出てから笑われるぞ


正直、バカじゃねーの?

って思ってました。


昔ですよ(笑)

今は何故それを僕に言ったのか、理由も親心も理解してるつもりです。


好きな服を着て街を歩くのは、自己主張でした。

大学は行きましたが、卒業してすぐは就職すらしませんでした。




「人目を気にしないで生きていく方法を教えて下さい」


この質問を見た時、


そういえば、社会に出てから今まで出会った人を見ると、

意外と人目を気にする人は多いんだよな。


と、感じてはいました。



そこで、


何故、他人の目が気になるのか?


何故、気にならない人も居るのか?


じゃあ、変わりたい人は人目を気にしないように変わる事はできるのか?


を考えてみました。



ニコニコ動画では、結局ホリエモンは答えてくれなかったので(笑)





「2タイプございます 好きなほうをお選びください」


人目を気にする人。

この人達には、実は2種類の人がいます。


  ・人目を気にしない方がおかしいと考える、僕の母親型(仮)

  ・人目を気にする自分が嫌だという、前向き型


この二人の違いを先ず解明しないとダメですね。



先ずは母親型(笑)

この人は、常に他人から自分がどう見えてるのか?が気になる人。


「常識的な行動を好む人」

です。

人生という道からハミ出ないよう、ハミ出さないように、

他人と比べて軌道修正するタイプ

基本的には「間違いたくない」人です。


多分、合ってると思います。


日本人はその受けてきた教育上、このタイプの人がほとんどだと思います。

人との調和を好み、規律を守る事で他人との争いを最小限にし、

常識を重んじる事で、互いを理解し合う。


日本人が戦後経済成長してきた理由の一つに、この集団意識の統一教育が有ります。

僕は、これはこれで意味があったと思ってますし、常識的に生きる人達を尊敬してます。

ただ経済が成熟し、ITが成長を促す現代では、集団の統一的労働の必要性に少しズレが出てきて、

それが逆効果になってきた事も事実です。


話が逸れましたが、元に戻します。


次が、前向き型

何に対して前向きかと言うと、


「今の自分を変えたいと思ってる」

って事に対して前向きだという事です。


世の中には、

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の宇野 成人さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。