46人生の岐路 / 当たり前が当たり前ではなくなったとき

1 / 3 ページ

前編: 45人生の岐路 / 海をナメすぎた結果
後編: 47人生の岐路 / 島から、那覇へ


私は、泣いた。

頬をつたる涙が止まらない。


あの日。

あのとき。

事故が起きていなかったら…。


民宿での仕事が、残り1週間となった、ある日。

私は、大工の仕事にかり出された。と言っても、助手みたいな感じ。

木材をおさえたり、ボンドをつけたり。

大工の経験がある“おじい”2人が指示をし、手伝っていました。

ただ、この2人…、島の言葉を使っていて、何を言っているのか分からない。

会話にも付いて行けず、長時間の作業のため、民宿の仕事の中で一番嫌いだった。

作業を見ていて、突っ立っているだけのときもあった。

もうね、長袖長ズボンでもそこら中、蚊に刺され、ボコボコですよ。

なんで、私が…と思う日々ばかりでしたよ。


しかし。

同じ時間を費やすなら、楽しもう。

と、思い始め、自分から仕事を貰うようになりました。

“おじい”が、木材に数カ所、釘を打つ。初めの1つだけ、“おじい”がやり、残りは私がやる。

そんな提案をしたら、快く、仕事を任せてもらえました。

「釘を曲げるなよ」

プレッシャーでした。

でも、突っ立っている何十倍も、充実感を味わう事が出来たのです。


「みきちゃん、今日もお願いね」と頼まれたとき。

嫌な顔をせず、任せてと胸を張れるほど、大工の仕事が楽しいと思えたんだけど。

ある日を境に大工仕事はなくなってしまいました。


その、ある日。

“おじい”が、屋根から転落してしまったのです。

※自分は、現場にはいなかったので、詳しい状況は控えさせていただきます。


事故があったとき。

私は、一緒の敷地内にいました。

ガタッと言った、大きな音の少し後。

“おじい”と作業をしていた子が走ってきて、「“おじい”が屋根から…」と伝えてくれ。


事故現場に行ったのに、私は何故か、冷静で…。

ポケットに入っている携帯電話を取り出し、「119」を呼びたいけど、ここは島。電話をしたら、どこに繋がるのだろうか。役場の電話番号は控えていないし。と、いろいろと考えてしまいました。

結局、民宿のベテランスタッフに連絡をし、待つことにしました。

みんなの読んで良かった!