暗闇の中でジャンプ-2ヶ月の熱狂と発表前夜の不安な気持ち

1 / 5 ページ


明日というか今日10/10(金)は人生でも忘れない大きな節目になるかもしれない。

12時か13時ぐらいに、今進めていたAHEADというプロジェクトの情報が解禁になり、クラウドファンディングキャンプファイヤーでの先行予約開始と、プレスリリースを出す事になる。

http://camp-fire.jp/projects/view/1278


【気軽な発案】

8月上旬から2ヶ月間、とても色んな事が合った。

社外でプロジェクトを発案し、自らが先頭に立ってプロジェクトを進めた。

8月2日、立ち上がったばかりのとあるオンラインサロンで教育に関するアイデア提案をしていた。

高校生向けの教育事業として何かないか考え、TEDカンファレンスの様な講演動画を無料で配信して、若い方がいつでも親の財力に関係なく動画が見れるようなことができないか投稿した。

8月3日、前日のTEDカンファレンス投稿を見直し、これは高校生向けというよりも若者向けの意識づけとして社会人教育になるかもしれない。そんな想いで新しくスレッドを立てた。

『TEDカンファレンスの様な講演を通じて、広義の教育にできないか?』


【勢いの先導】

たちまち賛同者が溢た。

この事業が面白いと思った人が集まったというよりも、何かやりたいという人もいたのだろう。おそらく想像できて実現が可能だったから人が集まってきたのかもしれない。

登壇者として誰を呼ぶか、誰も何の責任も負わない楽しい時間が過ぎていった。

進行速度が早すぎて、着いて来れない仲間もいた。振り返って速度を落とそうか考えた事もあった。でも、それでも自分を信じて着いてきてくれる仲間と目的の達成のために速度を落とす事は無かった。


【意識の乖離】

勢いで進めたため、皆が向かう方向にずれが出始めた。

営利目的で進める者と、非営利目的で進める者、金銭はどうでも良いもの、まずは集まろうとオフ会を開きたがる者、登壇者にタレントを呼びたい者、口ばかり責任を取って参加したいという者。

このままでは船出した船は沈むことだろう。

急いで、共有できる理念を作ることにした。

この理念に賛同ができる者だけが参加して欲しい、と呼びかけた。


【理念の共有】

同じ方向を向くためにと作った理念は、幸いにもすんなりと浸透していった。

理念と合わせて内部向けにビジネスプランを30ページほど制作した。

プロジェクトチームを書き出す段階になった時、自分は理念の整合性を取るために一歩引いて全体の整合性確認と理念の提唱、というポジションに就くことを決めた。


【決意と決断】

そしてビジネスプランが出来上がると、概算の費用が出ることになる。

今回は700万という数字が出た。

資金は誰が出すのか?アンケートで募ってみた。

100万円を出す人間が7人いればできるという事も添えて。

責任を取ると口で言う人も、100万円を支援するという声は無かった。議論は少なくなってきた。

そんなとき、初めてのオフ会が開催された。このプロジェクトの立ち上げを歓迎してくれ、走り出そう、議論も大事だけどまず実際に動こう、動きながら修正を加えて行こうという声を聴き、一人決意した。

資金は自分が出す。全責任を負うから、走り出そう。思わずその場で投稿していた。


【剥奪の危機】

そうしてまた議論は進んでいった

スケジュールイメージを確認する過程で、イベントの専門家を名乗る人物があらわれた。年内の開催は無理だとも言われた。プロジェクトを素人の私ではなく専門家に譲って再検討すべきだとも言われた。気まずい空気が流れ、議論が全て停止した。

みんなの読んで良かった!