仕事辞めたいと思いながら、会社に通いつづけるオジサンにならないためには、出世しても、副業がうまくいってもダメだった。 格好わるく、思春期の様な『純な気持ち』を本気で探して、温めるしかないのだとわかった話。(体験編)

1 / 3 ページ

後編: 仕事辞めたいと思いながら、会社に通いつづけるオジサンにならないためには、出世しても、副業がうまくいってもダメだった。 格好わるく、思春期の様な『純な気持ち』を本気で探して、温めるしかないのだとわかった話。(考察編)

現在、40才です。


以前は、企業でITセールスのマネジメントを担当していました。

中小企業診断士という経営コンサルタントでもあります。


そして、

今はスピリチュアル・コーチです。


人の中にある「純粋な思い」が目覚め、

その目覚め感覚から、仕事や生活を組み立てていくこと。

その土台となる直感力と体感力を呼び覚ますことをライフワークにしています。


大きな組織の中で、スキルを磨き、競争し、成果を求めた結果として、

仕事における真の成功を突き詰めていくと、スピリチュアルな面を外して通れないことを痛感しました。


それが、自分自身の15年に渡る人体実験でわかったことです。


◇ ◇ ◇


その昔、

大学卒業後、グループ従業員数20万人のマンモス企業へ滑り込んだ。



就活戦線を勝ち抜き、出身大学のランクではとても入れない社格の会社に

入社できた喜びで、やる気とプライドがマックスまで膨張した。


ここで認められれば俺の人生、成功だと、疑う事無く、突っ走ってきた。


少ない才能を、多くの人とのご縁とラッキー、そして、あきらめずにやり続けるという

泥臭い行動だけで仕事を続けた結果。


昇進は同期のトップグループに張り付いた。


入社時の成功イメージそのまま。




ただ、心の中の「何か違うかも」というズレ感に気がついた。


そのズレ感をいくら仕事で埋めようとしても、埋めきれない。


だから、会社から自由になるために、社外で活躍出来る様になるしかないと思い立った。

みんなの読んで良かった!