あいや、しばらく し~ばらく

かれこれ18年前になります。

何が原因かは忘れましたが、当時三歳の息子に

息子
出てけー!!!

と言われまして、あまりの言葉の激しさしに思わず後ずさってしまい

まあ、そんなに言うなら出て行ってみようかなと、ふと思いたちまして。

あっ、家の周りをぐるっと一周してすぐに帰るつもりだったんですよ。


しかしそれにしても、私はあなたの親なんだけどねぇ。それも唯一の。

しかもあんた、まだ三歳だよね。要るでしょ、親っていうか、保護者は。

その存在に対して、出て行けとは、まあ向こう見ずなヤツやなあ

と思いながら外にスタスタと出て行って、10歩も行かないうちに

息子
☆△×※▼◆!

という、聞き取り不可能な音声が聞こえて参りました。


でもまあ、家の周りぐるりだけぇ すぐに家には着くしと思い、そのまま歩き続けました。

時間は夜で、星がきれいに出てました。

星を見ながら、さて、何と言って家に入らしてもらおうかと

考えながら、ゆっくり目に歩いていたつもりだったのですが、

ああ、所詮は短い距離。考えつく前に、とっとと玄関にたどり着いてしまいました。



玄関先で泣きじゃくっている息子、でも走って私を追いかけなかったのは、

出て行けと言った手前、プライドが許さなかったのでしょうか。

その様子を見ているうちに、思わず私は

あのぉ、どこにも行くあてがないんで、しばらくここにおってエエでしょうかねぇ
息子
えっ、エエですよぉ~~

と、鼻水をズビズバさせながら(とっさにお前は左ト全か、と心の中で突っ込みを入れてました)

了承の言葉をいただいたので、今日に至っています。


このしばらくの間、いろいろあった事などを今後出してみたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。

それにしても、しばらくの分量は確実に減っているのよね。

さて、いつまで どこまで

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。