人口380万人のバリ島で一人の少女を捜した奇跡的な物語~1枚の写真の力-2

1 / 4 ページ

前回の続きです。


誘われるままに中に入った。

石貼りの美しい床に、茶色の大きなソファ、そこに数人の家族と共に、

テレビを見ている女の子が座っていた。

私は半信半疑のまま彼女に近づき、写真を見せながら、

想像していた姿と目の前にいる少女の姿を自然に見比べていた。


少しふくよかになってはいるが、確かにあの写真の少女だと思える顔が

そこにあった。

私の喜びとは別に、彼女は急に入ってきた外国人に、

不安と戸惑いを隠せないでいた。

「いったい何なんだろう?この人達は!」っと思ったに違いない。

それはそうだろう、いきなり数人で押しかけ、午後の団らんを邪魔されては、

誰でもそう思うだろう。

彼がなんて説明してくれたのかも、わからなかった。


おばあちゃんらしき年配の女性が、ソファに座るように勧めてくれた。

私達は遠慮がちにソファに座り、突然の訪問の説明をさせてもらった。

そして、彼女に会えたならプレゼントしようと、引き伸ばしフレームに入れた

4年前の写真を彼女に手渡した。

話を聞くと、当時11歳だった彼女は、その時の事は、覚えていないという。

私はもっと大人の印象を懐いていたので、もうハタチ近くになっているのでは

っと思っていた。

予想は大きくはずれていた。

彼女はまだ英語もよく話せず、その頃の女の子にありがちな、

恥じらいを終始表していた。

きっと見ず知らずの外国人に対して、どうしていいのかわからなかったのだろう。


私はもう一度、写真を撮らせてくれるように、覚えたてのインドネシア語で

頼んでみた。

「ビサ サヤ メモト アンダ」

はじめは困った様子であったが、やがて恥ずかしそうにOKしてくれた。

私達は部屋の外に出て、素晴らしい彫刻の入った木製の壁の前で、

ポーズをとってもらった。

4年前、写真の上でしか会うことの出来なかった彼女との念願が、

現実となり、嬉しかった!

友人達もまさか本当に捜し出せるとは、思っていなかったようであった。

別れ際、おばあちゃんが、少女の名前と住所を書いたメモを渡してくれた。

門まで送ってくれた彼女と握手をし、今回の写真を送ることを約束をして別れた。

今夜、帰国しなくてはならない私達には、もうあまり時間がなかった。



みんなの読んで良かった!