47人生の岐路 / 島から、那覇へ

1 / 2 ページ

前編: 46人生の岐路 / 当たり前が当たり前ではなくなったとき
後編: 48人生の岐路 / 家がなくなった


9月12日。

私は、15時のフェリーで、座間味港→那覇の泊港に帰りました。


“おじい”こと、社長が、意識を失ってからの9日間は、時間が経つのが非常に遅く、

でも、涙ばかりを流しても仕方なかったので、自分なりに笑う努力をしました。


私が笑うというより、男の子を笑わせるといった方が妥当かもしれない。


男の子…?


恋愛ではございません。

スキとキライだったら、好きだと思うけど。


男の子(以下、C)とは、“おじい”と一緒に作業をしていた子です。

事故による心のダメージが誰よりも強く、壊れてしまうのではないだろうかと思ったほどで。


Cのために、どうにか笑わせたい。

不謹慎かもしれないけれど、そう思ったのは確かである。


でも、どうしたら良いのか。

手探り状態でした。


時間が解決してくれると言うけど、私たちに残された時間は僅か…。


どうすれば良いのだろうか。

シャワー室の掃除をしながら考え。

ベッドに寝転がりながら考え。

考えても、考えても、答えは見つかりませんでした。


そんなとき。

ベテランスタッフから、私とCの2人でヤギの散歩に行ってきて欲しいとお願いされました。

これまで、ヤギの散歩は、ベテランスタッフ+αという形で私もCも付いていっていました。


だから、2人で行ったことはなかったのです。

ヤギは、17匹ほど。オスもいれば、メスもいます。

一様コースはあり、ヤギの気持ちで散歩コースが決まっていきます。

だいたい、3時間半の散歩。14時30分〜18時まで。


会話という会話はありませんでしたが、ヤギによって、Cの顔が緩んでいるのが分かりました。

特に、子ヤギはCの心を読み取っているかのように、仕切りにCに近づいていました。

言葉が通じなくても、心と心は通じ合っているんだな。そう思いました。


みんなの読んで良かった!