You are free..

前編: YoU are free.
後編: You are free...

…‥…

…The rest of the story★
目をあけて…


朝、目が開いた

でも頭は相変わらずだった。


その日は朝8時からのバイトが入ってて、家族で営んでる食料雑貨店だった。

昨晩のメールで夜中にメールを送ってしまったことから奥さんが怒っていたこと、

休むことが伝わってないのではと不安になり、お店に向かった

マジメか!

お店に行ったら店長たちが品だしやらをしてて、その中に私は涙目で動揺しながら休むことを伝えて直ぐに帰った。店長は私の様子がおかしい事に気付いたようだった、驚いた顔していた。


朝起きたときも、母からメールが届いてた

…帰って来なさい。お金ならなんとかなるから

(なんとかなるわけがない事はすぐに分かった)




そして、一時実家に戻ることになる。




実家にて


とりあえず、病院を調べてもらった。

最初に行ったのは大学病院で名が知れてるとこだった

症状を説明すると先生は言った



医大の年配医師
働かないで実家でしばらく休んでれば、良くなるよ。
Me
お金が必要だから働かないと…


母を交えてゴチャゴチャ話し、そして、

午後から暴れてくる患者さんが入ってくるから…みたいなことを言ってた。


結局、大きいところは忙しいようで、私の症状はそれに比べたら大したことないに違いない。

毎日毎日、たくさんの精神患者をみていると、やはりそうなってしまうのは仕方が無いと事だと思う。


でもそのお医者さんは、それを診察とみなさなかったらしく

診察料もいいよっと言ってくれた。

母は大したことなくて良かった…みたいに言って涙ぐんでた。

けど、これからが山場だった




一時期3つ掛持っていたが、

倒れる一週間前には多々あって、2カ所で働いてた。



これらに現状を話しにいった。

家族でやっているところは、うちは大丈夫だよって言ってくれた。



○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○泣
店長
うちは大丈夫だから。



もう一方は、悲しい対応だった。

その頃には、私は発作的に息が切れる症状が出ていたから

常にマスクをしてた。


だから、マスクをしてバイト先の先輩やらと多々話してたら、

上の人が通りすがり

一方の店長
風邪?^^



って笑顔で知らないフリをされた、明らか知ってたはずだった。

会社のせいにされるとでも思ったのだろう。悲しかった。

バイト先の先輩も、


高円寺なら工場とか働けるとこあるよー笑!
ウハハハハハー笑



っとなぜか笑い出した。



その笑いは私を安心させるためのものだったのか?

それとも馬鹿にした笑いなのか?



わからなかったが、底にいた私は後者でとっていた。




社会のつめたさを経験した25さい。



偶々通ってしまった僕
あ、俺より年上っすね!
うるさいわー





っといった感じで話しが進んで行くわけだが、

その中で私は未だ新居で暮らす事をあきらめてなかった。






少し休めばよくなる

そう思っていた、

Me
少し休めばよくなる、先生もそんなような事言ってたし
ツッコミ役
…‥しばらくだー笑




だから

実は引っ越し日も決まっていた。

引っ越すのもお金かかるが、取り消すのも少しかかる

Me
あきらめたくない!
ツッコミ役
…ま、まさか…




私は、中野の新居に引っ越した。





なんて、アホなんだろうか。
やっちまったー笑
行動力健在







This story will coutinue…‥








THE LAST STORY




続きのストーリーはこちら!

You are free...

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。