You are free..

1 / 3 ページ

前編: YoU are free.
後編: You are free...

…‥…

…The rest of the story★
目をあけて…


朝、目が開いた

でも頭は相変わらずだった。


その日は朝8時からのバイトが入ってて、家族で営んでる食料雑貨店だった。

昨晩のメールで夜中にメールを送ってしまったことから奥さんが怒っていたこと、

休むことが伝わってないのではと不安になり、お店に向かった

マジメか!

お店に行ったら店長たちが品だしやらをしてて、その中に私は涙目で動揺しながら休むことを伝えて直ぐに帰った。店長は私の様子がおかしい事に気付いたようだった、驚いた顔していた。


朝起きたときも、母からメールが届いてた

…帰って来なさい。お金ならなんとかなるから

(なんとかなるわけがない事はすぐに分かった)




そして、一時実家に戻ることになる。




実家にて


とりあえず、病院を調べてもらった。

最初に行ったのは大学病院で名が知れてるとこだった

症状を説明すると先生は言った



医大の年配医師
働かないで実家でしばらく休んでれば、良くなるよ。
Me
お金が必要だから働かないと…


母を交えてゴチャゴチャ話し、そして、

午後から暴れてくる患者さんが入ってくるから…みたいなことを言ってた。


結局、大きいところは忙しいようで、私の症状はそれに比べたら大したことないに違いない。

毎日毎日、たくさんの精神患者をみていると、やはりそうなってしまうのは仕方が無いと事だと思う。


でもそのお医者さんは、それを診察とみなさなかったらしく

診察料もいいよっと言ってくれた。

母は大したことなくて良かった…みたいに言って涙ぐんでた。

けど、これからが山場だった


みんなの読んで良かった!