アメリカのスタバでイチローにインチキラテを出す

1 / 3 ページ


昔アメリカはボストンのスターバックスで働いていた時の話。

アメリカのスタバはかなり注文が細かく働いていて真剣がピリピリする。

例えば温度。

105度(華氏)のホッとチョコレートの注文。

160度のラテの注文。

ミルクは170度で泡は175度でとの注文。


7と半分ポンプのバニララテ。。。

氷5個


とにかく注文が細かすぎる。


イライラ度マックスに付け加え私が働いていた店舗はモールに直通した某ホテル内にあり行列が出来る程。ボストンはゲイのメッカなのでゲイがらみの訳の分からない苦情とかも来る。


一度は超肥満なゲイが多分一番大きいカップのベンティサイズのアイスラテをもう一杯無料で飲みたかったのかもう少しで飲みきるってタイミングで苦情を言ってきた。


「ちょっと〜〜〜、、このシュガーフリーバニララテ、ココナツの味がするわ?」との苦情。

そ、そんなココナツシロップ入れてません。。


そこでなんと私をカバーする立場の従業員が「あ、きっと彼女がエスプレッソのショットをプラスチックのコップに最初にいれてコップが溶けてココナツの味がしたのよ」とチンプンカンプンな返答。


ゲイの客は満足そうに!


「きっと、そうよ!!思った通りね!」と満足そうにもう一杯無料でコーヒーをゲットした。


こんな状況下で働いているので心に余裕など全くない。ラテ作りとの格闘、時間と注文の多い変なお客との戦い。精神的にもかなりのプレッシャーだ。。


そんな状況かのスタバでの一日。その日は雨が降っていてお客の数も普段より多かった。

私はたった一人でラテ作りを担当。およそ1メートル程あるエスプレッソメーカの上にはオーダーされたコップがずらりと並びパニック状態が続く。。


そんな時どうみても日本人男性の数人が入店。忙しすぎてあまりゆっくり観察?できなかったが一瞬で日本人!と分かるオーラが出ていた。そのうちの一人は青のおちょぼサングラスを掛けている。


アメリカの建物(モール)の中でサングラスを掛け続けるのは珍しい。


わ〜〜この人怪しい、建物の中でサングラス。。いやらしい雰囲気、とあまり気にも留めずひたすらラテを作っていた。でもその怪しい眼鏡?の持ち主はなぜか私の方をジロジロみてる。。

な、なんだこの人。。

そして私の中のラテバトルがスっと一瞬波を引いた時に新たな思考が。



なんか。見た事あるなこの怪しい人。



みんなの読んで良かった!