女は一生挿入しないから童貞性質というものを誰もが持ち合わせている。

来週、心理検査を受けます。



ADD、注意欠陥障害による生活障害がいよいよしんどくなってきたので来週あたりに心理検査を受けることになりました。

所要時間は1時間半。事前準備は特になし。


「お前、アスペってのは究極の男脳ってことだからな!」


世間では障害というものに前向きに取り組む知人はその一言と共に心理検査を受けろとアドバイスをくれました。


一時期はやった指から見る男脳女脳。薬指が長いと男脳、人差し指が長いと女脳とかありましたね。

私は指診断ですと完全に男脳です。そういえば恋人も上書きじゃなく別フォルダに保存タイプだからね。

だからゆるゆると、かつてセックスした相手ともなんとなく男友達としても続いているのかも知れません。

男は「前付き合ってた女はきっと今も自分のことを好きでいてくれている」と思うそうです。一般論としてまかり通っているものですが、私にも当てはまります。要は都合のイイやつなんですよ。異性関係に関しては。

私がライターとして取材記事で書いたスーパーヤリチンの話があります。

その取材会話の中で気がついたのは私には彼と同じく童貞だと認識する期間がなかったということ。

でも私にはブツは生えていないし興奮ポイントも男的ではない。だけれどもふと気がつくと女性であろうと思う相手にはどうもキョロ充といいますか。童貞くささが出てしまうんです。

お前ってなんか童貞くさいよな。たまに言われますね。最近は自覚してきたから、チッ気がつかれたかと内心思っているんですが。


こじらせ○○って流行りましたよね。

あれ結局女で男脳な人たちの話なのではないのか?と思ったりしました。

女童貞だから、異性なのに同性を感じる男を同性としての友人として見ているのに女として扱われる違和感。

それをこじらせ、と呼ぶとすると。それはきっと脳みそが男の女が持つ童貞気質のせいなんじゃないのかなっと思ったりします。

だって女にアレは生えてないでしょ?そりゃこじらせるよね。

著者の桜井 和泉さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。