海外で 「べき」 を捨てたこと。

1 / 3 ページ

 自分が生まれ育った国以外を見て、視野を広げるってこういうことだったんだ・・・。


世界を見て、視野を広げる

とか、

世界を見て、もっと大きな自分になる


って、よく使われる言葉ですが、

今イチどういうことかわかりませんでした。


会社を辞めて、よーし!世界一周するぞー!ってウキウキしていた私は

そんなことこれっぽっちも真剣に考えてなかった。


旅に出る人はもっとほんとは大きな野望だったり、

目的だったりを持っていくんだろうけど、


私は


とにかくスゴイ国っていう噂のインドをこの目で見て、

憧れのフィレンツェに行って、

世界遺産を見れるだけ見て

おいしいものいっぱい食べよー!


って本当にそんなノリで旅立ちました。


旅で何があったの詳細はまた追々書くとして・・・


楽しかったのは、もちろん。

壮大な景色や、美しい世界の街並み、世界遺産を見て感動したのももちろん。



でも、旅に出ていちばん得たものって




”違いを受け入れる心” でした。



日本でいう常識なんて、日本の外に出てみれば何ひとつ通用しない。


電車は時間通りに来ないといけない だとか、

お客様は神様 だとか、

道路でツバを吐いちゃいけない とか

こどもは学校に行って勉強すべき だとか。

みんなの読んで良かった!