同い年で病院も病室も同じ。10月生まれ、誕生日は半日違いの従妹に今だから感謝を伝えたい。part2



part2では、あなた(従妹・彼女)に伝えたいことを綴っていきます。



あなたへ、


今日は私の誕生日、明日はあなたの誕生日ですね。

毎年祝ってきてもう15回目ですが…今日は少し違う感じでいかがでしょう?

ありがとうを伝えます。

まず、あなたの事を一番よく知ってる人に私を選んでくれてありがとう。
あなたと出会い始めた私と比べたらとっても凄いことなんだよ。


あなたの相談相手にしてくれてありがとう。
相談されることは信頼されてるということ、それを実感できるのが嬉しいんだよ。



私のことを誰よりも何よりも大切に想ってくれてありがとう。

私の相談を面倒くさいと思ってものってくれてありがとう。

本当に助かってるよ、いつも相談の内容が重くてごめんね。死にたいって言ったときに何も飾らずに止めてくれたことが凄く心に残っているよ

私の大切な存在でいてくれてありがとう。
かけがえのない存在になったあなたは私にとってとっても大切になったよ

私を大切に思ってくれてありがとう。
いじめっ子に胸ぐら掴まれた時、その子を殴るくらいの殺気を放ってたときは、大切に思われてるなぁって思ったよ

最後に。

私と同じ場所で半日違いに産まれて来てくれてありがとう。

もし、全然歳が離れていたらこんな仲にはなっていなかったと思うし、
大切な存在もできなかったよね。
本当にこればかりは感謝してもしきれないよ…。

ねぇ、これからもずっーとこの仲で過ごして行きたいな。
あなたも同じ思いでしょう?
ならこのまま一緒に親友みたいに過ごそうか、そうしよう、それがいいと私とあなたなら思うはず。

私より

著者のTanaka Rihoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。