もう一度、無いいのちをもらえた、私の人生ものがたり

「おおきくなったら、設計士になりたい!」

短大を卒業後、夢であった設計事務所に、
入ることができた。

それが、
小さいときの「夢」だった。

入った時、
その時がわたしには、「ゴール」であった。

下半身にコンプレックスを持っていた当時、仕事に打ち込む、のではなく、ダイエットに夢中になり、
無理なダイエットがたたり、
つきのものも止まり、集中力も、なくなっていった。

その時期、毎日仕事が忙しく、深夜までになることが多くなっていった。

気力もなくなっていく中での、深夜までの残業。

仕事が手につかなくなり、精神的にまいってしまい、夏休み以降、会社に行けなくなってしまった。

辞表を書いて会社に持っていき、社長に渡し 、
最後にみなさんに向かって

「すいませんでした」

と言い、会社を去った。

著者の沓名 みどりさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。