桜井さんにとっては、一般的ではないであろう幾つかの行為が生きてくうえで必要事項になってますよね。

だってニンフォマニアだもん、ね。


一般的に「依存症」と言われ蔑まれるものに対して生きる術となっている。


ジョハリの窓というものがある。

私も誰もが知ってる自分。

私だけが知っている自分。

誰かだけが知っている自分。

私も誰も知らない自分。





私はきっと私が何であるか分かっていない。

だからそれらを使って自分をたぐり寄せようとしているのだと思う。

分かってしまったら面白くないという反発心を共存させながら知ろうとしている。

人との関わりでパズルのピースが一つずつ、見つかる。

孤独を愛そうとする人は自分を愛そうと必至な人達で、私は孤独は嫌いで愛せたらいいなと思うけれどもしかすると違う自分の愛し方を見出そうとしてるのかも知れない。


生きづらさをアピールするのはもう子供っぽい。

私は生活をしながらセックスに依存し、何かに依存し生きる。



サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の桜井 和泉さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。