トルコでAV男優の手料理を食べた話

2013年の冬、わたしは1人でバックパッカーをしていました。
トルコでふらふらと街を探検していたところ、雰囲気の良いお土産屋さんを発見。
覗いて見ていると女性店員さんが話しかけてきました。
「あなた日本人?」
「うちのオーナーは日本語はなせるのよ!」
「もうすぐ帰ってくるからちょっとのんびりして行きなよ」
チャイも貰ったことだし、とのんびりしているとオーナーらしきおじさんが店にやってきました。
トルコ人らしからぬ小綺麗なスーツにブランドの時計、靴、香水も上品な感じでステキなおじさまって感じ。
フレンドリーに
「上の階にキッチンあるから、お昼食べて行きなよ!」と言われるがままに二階へ。
彼は手際よくクスクスを作り、昨日の残りだという煮込み料理を温めて出してくれました。これが美味しくってビックリ!
ウイスキー(多分高級なもの)も飲みつつ、たくさん話をしました。

ペルシャ絨毯の販売で日本に行くこと、東京にオフィスがあること、日本に別荘があること、ビジネスと生き方について…
おーすごいバイタリティのある人だと思いつつ、お金持ちアピールもすごいなぁと思いました。そしてなんやかんやはなしていると
突然
「副業もしてるんだ」
「実はポルノ男優やっててね!今度80万円入るんだ」

えー!?って感じです。
英語の聞き間違いかな??海外ジョーク????なんて思ってたら
彼はxvideoを開いて
白人女性のAV動画を流し
この人と仕事したんだ、この人は本当に上手、今度するのはこの人だよ!
などと説明してきました…
唖然としつつ、面白いおじさんだなぁ!と思ったの事実です。笑


それでも何となく身の危険を感じていると、
案の定
「あなたともしたい」
なんていいだして近寄ってきたので
ハッキリNOといいました。
その後わたしは彼に
セックスは食事と一緒で楽しまなきゃ云々…
君の考えは古すぎる云々…
日本人はもっとオープンになるべき云々…
懇々と説教されました。
本当に余計なお世話!!笑


至る所でチャイを振舞ってくれ、日本人は本当に可愛いねと言われ、親切に楽しく話しかけてくれるトルコですが
女性1人で行く際はお気をつけ下さい!

著者の田中 由紀子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。