恋、してますか? 〜マーケティングは恋のようなもの〜




こんにちは、モテマ代表の佐藤です。


久しぶりの投稿になってしまいました・・・。



さて、


マーケティングは恋のようなもの


・・・説明します。



先日のセミナーでも伝えましたが、


僕の場合のマーケテイングの定義とは、

「価値とマーケットを繋げる手段」です。


価値(商品やコンテンツ)と

マーケット(買い手)を繋げる手段が

マーケテイングです。


手段のなかには様々な

マーケティングの戦術が含まれます。


広告やウェブサイト、電話、

チラシ、屋外看板、コスチュームや

人材教育に至るまで、幅広い種類の

戦術がそこにはあります。



しかし・・・、


マーケティングにおいて

最も大事なものは何か?と問われると、

僕の答えは広告とかの戦術ではありません。


マーケティングにおいて最も大事なこと、



それは・・・、




情熱(パッション)です。


熱量とも言い換えられるでしょう。




例えるならば、

最愛の人を愛するかのような

熱量が必要になります。





まさに、、、



♪瞳を閉じればあなたが

 瞼の裏にいることで・・・


♪目を閉じれば億千の星

 一番光るお前がいる・・・


♪いつもブレーキランプ5回点滅

 ア・イ・シ・テ・ルのサイン・・・


♪それからまた二人は目を閉じるよ

 悲しい歌に愛がしらけてしまわぬように



・・・こんな風に「熱い恋心」が必要だと感じます。



熱がなければ、どこかで妥協し、

甘えが生じます。


エネルギーも損なわれる。




まっすぐにターゲット(恋人)に

向かって熱を向けない限り、

その人は振り向いてくれないでしょう。



常にその人のことを想い

多大なる愛情を注ぎ、気にかけ、

思いやり、コミュニケーションを

図ることが大切です。



ここで、注意点がひとつ。


恋をする相手は、エンドクライアント、

つまり、消費者でなければなりません。


売る商品、コンテンツではなく、

その先の顧客に恋をするという意味です。



ここを間違えると、

売り手発信のメッセージになってしまい、

買い手にメッセージは伝わりにくくなります。



さて、



皆さん、恋、してますか?




恋人のことをちゃんと理解してますか?

恋人にメールしてますか?

恋人を楽しませ、満足させていますか?



マーケティングは恋のようなもの・・・





それでは、また。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。