「君のビジョンには魅力がない」と言ってお祈りされた企業に4年越しのリベンジしたお話。

1 / 3 ページ


最終選考は社長面接

4次選考ほどを抜けてようやくたどり着いた最終選考は、志望企業のラスボスである社長との面接でした。

緊張と志望動機が固まっていないことが重なり、前日はまったく眠れず。当時のツイートを見ても、夜の2時までつぶやいており、翌朝の6時には起床している。

最終選考の前、人事の担当者さんには「自分自身が将来的に何をしたいのか、言えるようにしてきてください。そして、そのためになぜ弊社じゃなきゃいけないのか、弊社以外でも達成できないのかを言えるように、準備してきてください。」と言われていました。

結局、具体的な将来の自分を想像できず頭は真っ白だったことを覚えています。


小学生の頃より趣味だった“ホームページ作成”を“Webサイト制作”という仕事にできることを知り、高校卒業と同時にWebデザインを勉強できる専門学校へ進学しました。

地元の仙台へ帰るつもりは無いが、故郷に錦を飾るようなことはやりたいなあ…

いつの日か、お世話になった高校の先生と一緒に働きたいなあ…

そんなふわっとした想いを抱いてはいるが、熱意を込められる理由と手段には結びつかず。ただ、間取りフリーク故に知っているサービスを運営していた企業が出していた募集要項がマッチしているというだけの志望動機でした。


「まあ、もうこんなもんだろ!」

そんな投げやりな気持ちのまま、最終選考である社長とのサシ面接に挑みました。


「なんでうちじゃないとだめなの?」

「東京じゃなきゃそれできないことなの?宮城に帰ったら、それはできないものなの?」

「あなたはうちで何してくれるの?」

「いずれは、高校の時にお世話になった恩師と一緒に働きたいなと思っていて…」

「別に千葉さんだけを責めるわけじゃなくて、最近よく疑問に思うことなんだけど、尊敬する人が会社辞めたら一緒に辞めるの?極端だけど、その人が目標もやりがいも失って尊敬している状態じゃなくなって、死ぬって言いだしたりしたらどうするの?極端な例だけれども」


質問にタジタジと答えては沈黙し、一言発してはまた悩み、の繰り返しで、いつもの自分はどこへ。

面接の途中であるにも関わらず、「あ、これもう落ちたわ」と心のなかで諦めていました。

その諦めた雰囲気も伝わったのだろう、社長に「君のビジョンには魅力がない」と言われて返す言葉がありませんでした。


30分程で面接は終了、早々に退出したい気持ちでいっぱいでした。

つまらない小娘が来て、偉い人の時間を無駄にしてしまった、あぁ、恥ずかしい、早く帰りたい…勝どき駅には二度と来ないだろうな…

帰宅モードに入りかけたその時、

「まぁ、でもまだ19歳だよね?ビジョンとか言われてもわかんないよね、ちばさんの場合だと、目標がこれだからーこういうロードマップが引けるとします、例えばね…」

突如、ビジョンとはなんぞや?セミナーが目の前で開講。

当時500人ほどの社員のトップだった社長、きっと、私が想像できないような偉い人としての仕事がたんまりあるだろうに、19歳の何も知らない小娘のために、マンツーマンで1時間30分もの時間を割いて、私の人生に関わることを一緒に考えはじめてくれたのです。


その講義が嬉しくて、後日送られてきた不採用通知は晴れ晴れとした気持ちで受け取れました。

しかし、「19歳だからできない」という年齢に甘えた言い訳を使ってしまったことが悔しく、それと同時に、とてつもない敗北感を味わったことが心に強く残りました。

この時の経験から「どんな人材になりたいか」、「どんな会社で働きたいか」、「その会社に自分が入ることでどんなことができるのか」を考えるようになり、おかげ様で前職のWeb制作・スマートフォンアプリ開発の受託会社にWebディレクターとして入社することができました。


新人は残業するな

社会人1年目。

先輩ディレクターがメンターとなり、出社初日からクライアントとの打ち合わせに同行させてくれたり、さっそく現場の雰囲気を体験させてもらえました。

先輩は毎日「早く帰ろう!その日報書いたら、すぐ帰ろう!」と声をかけてくれて、そのおかげで入社すぐから学生時代から継続して参加、登壇していた外部勉強会などにも早上がりして行くことができていました。

みんなの読んで良かった!