いじめられる原因は、常にいじめられる側にある

まさに、キツイ、汚い、かっこ悪い


小学生の頃すでに、社会不適合者になった俺


臭いし、汚いし、デブだし、バカだし


そんな「教室の汚物」を、他の子供たちが受け入れてくれるはずもなく


しまいに、いじめに発展していく




まず、朝来たら靴を隠される

ロッカーを見ると、上履きの片方が無いので

仕方なくスリッパを借りる


教室に行ったら、「くせー」とか「汚い」とか言われて

机を離されたり、聞こえるように噂をされたり

そんな事が頻繁に起こるようになった


当時まで、友達だった子まで

いじめる側に回り、どんどん自分の居場所が無くなった


ある時、授業前に同級生に呼び出され

突然殴られた。それを面白がったクラスたちは

廊下でそれを楽しそうに見てた

先生が来て、それは止められたが、クラスの前で俺は泣いた

そして、昼休みに、何も持たずに家へ帰った


その後は、1週間くらい学校へは行かなくて

しぶしぶ学校へ行って、クラスのみんなに謝られた

それから、いじめというものは起きなくなった




でも、今考えると、俺自身の方がよっぽど申し訳なかったと思う

だってさ、そりゃーいじめられるわけよ

そんな奴は仕方のない事だと思う


いじめっていうのはね

絶対にいじめられる方になんらかの原因があるわけよ


成績良くて、優しくて、強い奴はいじめられない

そう、弱いって事は、それ自体が「悪」なんだよね


もちろん、そういう弱い奴がいたからって

いじめて良い訳が無い

そういう奴を守れる奴こそが至高なんだけど


でも、弱いというのはそういう事をされても

仕方がないんだよ。だって弱いんだから・・・


逆に、強くなれば

奪われることも仲間はずれされることも無い


必要とされる人なら、阻害されることもないわけで


「力無き者の語る正義は無に等しい」



by samurai deeper KYO



「強くなれ!!そうすれば何も奪われはしない」


映画GOEMONより



後にこういったもののセリフを聞く度に

「あのときの俺は力が無いから、いじめられたんだ」

そう思う


俺自身、ブログやメルマガ

こういった悩みを抱える人に常に言ってるけど

「強くなければ、能力が無いなら、生きる所は無いんだぜ

だから、強くなれよ!!」


っていろんなところで言ってきた

これは俺の中での強い軸になってるね


大分話はずれたが、どちらにしてもそう強く決意するのは大分先

でも、俺を強くする1つの出来事になった



つづく・・・・・










著者の高橋 遼平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。