51人生の岐路 / どうなる?!かあさん!!

前話: 50人生の岐路 / 彼と一緒に住む
次話: 52人生の岐路 / 帰り方が分からない


10月8日。

6時30分、起床。


いつもは中々、目を覚まさない私なのに、この日は違った。

目覚ましより前に起床。

着替えて、支度して、彼より先に準備が整った。緊張していたからなのかもしれない。


みきが、付き合っている人はどんな人なの。

話をしてみたいから、一度、家に連れてきてほしい。

母の、この言葉が発端だった。

とはいえ、千葉と静岡は遠い。以前は京都に住んでいたため、尚更だ。

しかも、彼は仕事の休暇が不定期なのだ。土日はほぼ休めない。

なのに、早く連れてきてほしい、という母。無茶なことばかりで…。


そんなとき。

彼と少々、喧嘩をした。

些細な事だけど、私が怒ってしまった。

どうしても許せなくてね。

彼から謝られたけれど、口を利きたくなくて…。

寝たふりをしていたら、彼がぽろりと、「みきんち行こう」と言っていたのです。

でも、本当かどうか分からなかったから確かめることもできず。


翌朝。

彼が、明後日の水曜日、休みが取れたと言っていたため、「デートする?」という話になり、彼から「みきの家に行かないか」と提案されました。正直、心の準備ができていなくて、焦った。

すぐに母に電話をかけ、「急だけど、明後日、彼と実家に行くから。」と告げました。


それが、彼と実家に行くまでの経緯となります。急です、そう急です。


彼の家から東京まで行き、そこから鈍行で、東京→熱海→静岡と行くつもりでした。

なのに…!

先日の台風で東海道線の大部分が運行休止らしく、仕方なく、新幹線で静岡へ。

飛んだ出費になってしまいました。


静岡駅に着いたのは、おおよそ、12時かな。

そこから、バスで10分。ようやく、実家に着きました。


とてつもなく、緊張。


ピンポンを押すと、母の姿が見えた。

母の顔も強ばっていた。それでも、笑顔を作っていた。

ちなみに、父は仕事である。


彼と私、母の三人でお昼ごはんを食べるはずだったのに、

母は残り物があるからと言って、先に食べてしまったようだ。

どこまでも大橋家は、KY(空気よまない)だ。

母が作った、しずおかおでんを彼と二人で食べる。母は横で見ながら、話しかける。


なんとも言えない食卓風景だった。

母の緊張が伝わってきた。

後から聞いたら、というか、「緊張して、昨夜は眠れなかった」と彼に言っていた。

あ。私は眠すぎて昨夜も変わらず、爆睡でした。なんて口が裂けても言えなかった。

母と彼は、言葉のキャッチボールをしていた。

彼は、話の進め方がうまい。リードしていた。


そして。

母が、どうしても聞きたかった、今後のことについての確信に迫る。

母の声が震えていた。

正直、自分も知らなかった彼の一面が垣間みれた瞬間だった。

私に対する、彼の意見。母を通してより詳しく聞けた。

母の話で、彼も私も泣いてしまったのはここだけの話。


実家の滞在時間は、3時間ほどでしたが、とても濃厚な時間だったと思います。

足を運んでくれた彼には感謝の気持ちでいっぱいです。お母さんもありがとう。


今度は、父がいる時に…なんて言われたけど、いつになるだろうか。

父に託された想いを背負って、初対面の彼と話した母のプレッシャーは相当だっただろう。

今日はゆっくり眠れそう、と言っていた母の言葉が胸に響いた。


帰りは、静岡駅まで送ってもらった。

車が見えなくなるまで、私たちは手をふり続けた。

ありがとう、ありがとう。

たくさんのありがとうを込めて、ふり続けた。


後日談。

彼のことを聞いてみたら、いい人じゃんと言っていた。

母は男に対して厳しい。自身のお見合いで、父と出会ったのは12人目らしい。

だからこそ、彼に対する印象が良くてよかった。



どうにか、母に会わせられた。

大きく息を吐いた。

安堵した気持ちで終わらなかった。


家に帰るまでが旅行というけど、まさにそんな感じ。

静岡駅から東京にたどり着くまで、長い長い道のりが待ち受けていた。


続きのストーリーはこちら!

52人生の岐路 / 帰り方が分からない

著者の大橋 美紀さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。