52人生の岐路 / 帰り方が分からない

前話: 51人生の岐路 / どうなる?!かあさん!!
次話: 53人生の岐路 / 職なし金なしコネなしだけど


静岡駅に着いた私たちは、鈍行の窓口にいた。

「どうやって東京まで帰ったら良いのか」聞いていたのだ。


昼。

静岡駅近くの金券ショップで乗車券のみを買っていた。

極力、安く済ませたかったから。それだけだった。


けれども、その選択が良かったらしい。


運行情報をtwitterを通じて得ていたとき、

・定期を持っている人

・台風より前に乗車券を買った人

は、振替輸送により、新幹線を利用できるらしいという事を知った。

本当かどうかは分からなかった。

だから、窓口で取り合えず、聞いてみたのだ。


そうしたら、静岡→新富士まで新幹線で行けることが分かった。

自分たちが購入した切符は、8月半ばのものだったため。やったね。


そのため、鈍行の切符を持ちながら、新幹線の改札に行き、ホームへ。

高校生の帰る時間帯と重なったため、定期を持った高校生が異様に多かった。

通学、通勤なんて、もっとか。

新富士までは、新幹線で30分ほどでした。


そこからは、鈍行で。

と、すぐには行けず。

新富士から富士までは距離があるらしく、無料のシャトルバスで送迎。

バスの回転数が早いとはいえ、駅で待っている人は多かったなぁ〜。


富士からは、熱海、東京と乗り換え、彼の家まで帰ってきました。

そうだ、総武線は仕事帰りの時間帯と被り、ものすごく混んでいた。

緊張だったり、疲労だったり。1日がとても長かった。


家に着いたら、20時過ぎでした。

静岡駅で買った駅弁が、私たちのお腹を満たしてくれました。

はじめて自分のお金で駅弁を買っただけに、とても美味しかった。

彼も満足していて良かった。


この日は二人とも爆睡でしたね。

続きのストーリーはこちら!

53人生の岐路 / 職なし金なしコネなしだけど

著者の大橋 美紀さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。