53人生の岐路 / 職なし金なしコネなしだけど

前編: 52人生の岐路 / 帰り方が分からない
後編: 54人生の岐路 / 応援し続けたい


とうとう、11月に入ってしまいましたね。


やべーという人もいるし、まだまだという人もいるかと思います。

私はどちらかと言えば、やべーという方です。


ここ最近と言いますか、10月、何してたねん?という話ですが、

Web履歴書を書いたり、紙の履歴書を書いたり、面接に行ったりしていました。

転職活動という言い方が嫌いなので、職探しと言っておきますね。


Web履歴書は、10社出せば、10社通ります。

けれども、面接は別です。10社行けば、10社落ちます。

とはいえ、これまでに受けた面接は、5社です。


ちょっと気になる企業、2社。(大手の出版社)

ここに入りたい企業、1社。どうしても入社したい、仕事をしたい企業、2社。

計、5社ですね。

--------

ただ、履歴書だけの生活は、自分としてはどうしても許せなくて。

10月の半ばからは、用事を作っては外に出ています。

そうしたら、生まれる、生まれる。面白いぐらい、出会いが生まれます。


職も、金も、コネもありませんが、

出会いだけはあります。

行動する度、出会いって生まれるんですね。


■10月25日

写真展のオープニングパーティー

大学生の頃からの仲、ゆうせいくんに声を掛けてもらい、新宿へ。

ゆうせいくんとは、100人100旅と呼ばれる、旅好きが集まった社会人サークルのイベントで知り合った。当時、私は京都の大学生だったが、都内で行われた新年会に参加していた。ゆうせいくんは私より、1つ上で、何より、京都の大学を卒業しているという共通点ですぐに仲良くなった。

そうそう、オープニングパーティーは、とっても楽しかったです。

はじめは不安でした。周りが、グループでの参加だったので、どうしようと思ったのですが、私と同じように一人で参加している子がいて、私の横に座ってくれた事で打ち解けることができたんです。


隣の子。19歳の女の子。

初登山が富士山で、一人でのぼったとのこと。

ただただ、すごいなと思ってしまいました。


話を聞いていると、周りに旅の友達がいないとの事だったので、紹介してあげました。

昨夜、用事で都内に行ったついでに、前の職場の子と飲んでいて、その子も旅友が欲しいと言っていたので。今日出会ったばかりなのに、19歳の女の子と、職場の、23歳の女の子を繋げてあげました。


ただ、それだけのことなのに。

人と人を繋げるのって、こんなにも楽しいことなんだ。

心から、わくわくしました。


出会いからの出会いに感謝です。



■10月24日

仕事旅行社で働く旅


先に言ってしまいましたが、仕事旅行社ってご存知ですか?


確か、「仕事 旅」と打ち込んだら、仕事旅行社というサイトが最初に出てきました。


すっごく要約すると、大人の職業体験を紹介しているサイトです。

実際にサイトを見ていただければ分かるのですが、面白くないですか?

昔、なりたかった職業だったり。

気になってはいても就くまでに至らない職業だったり。

仕事となると別かなと思ってしまったり。

そんな職業を、休日を使って体験できてしまうんです。


私は、初めて「仕事旅行」というサイトを見た時、なにコレと思ってしまいました。

世間知らずだからなのですが、こんなにも仕事ってあるんだな、と実感しました。

同時に、仕事旅行社という会社に興味を持ちました。


職業体験といえど、運営している会社の職業体験もあると知り、すぐさま、予約。

とはいえ、人気だったため、予約は埋まっており…。

取り合えず、空きが出た時に連絡が行くように、お気に入りに登録して…。


もう、何日も経ってしまっていたため、登録をしていたことを忘れていました。

が、しかし。連絡が来たとき、心から嬉しかった。

すぐさま、アンケートに答え、どうにか、参加できる席をゲット。

夢中になりすぎた。彼と、甘いドラマを見ていたのに、メールの返信に熱中。

さらに、ガッツポーズまでもしてしまった。


そんなこんなで、【仕事旅行社で働く旅】というプログラムに参加してきました。

感想は、生の現場が見れて、良かったという事かな。刺激あふれていました。

・会社が立ち上がるまでの経緯も裏の裏まで見せてもらえたし

・某大手出版社との打ち合わせが偶然入っており、ご一緒させてもらえたし

・実際、どのように職業体験がHPに掲載されるのかも分かったし

何より、自分の仕事に対する考え方が変わりました。

仕事をナメ、1年ほどしか働いていない私が言えることではありませんが、仕事旅行社で働く方々は、心から仕事を楽しんでやっていると思いました。


職を探している身。

今、参加して良かったです。

改めて、ありがとうございました。


空きが出た事から参加できた、今回の出会い。

1日があっという間だった。

そんな日々を過ごしていきたいです。


そして、気づきました。

私は、出会いによって、成長していると。

内にこもるより、外に出ようと。


もっともっと、たくさんの人に出会いたい。

今の気持ちです。

人生、ほんまにいつ終わるか分からないから、自分から動かないとね。


長くなってしまったので、書きたかった、もう一つの出会いは次にします。

ビビッときた出会い。はじめて聞いただけなのに、ファンになってしまった話。


そして、そして!!

リアルタイムな記事ですが、仕事が決まりましたー!!

めっちゃ、嬉しい。

※ちなみに、上記の記事は、今日の午前中に書いた……。

どうしても行きたい企業から、内定の連絡が来ました。

飛び跳ねた。ガッツポーズした。

と言うのも、面接を受けた段階では、金曜日(10月31日)までに合否の連絡が来るとのことだったのに連絡が来なくて…。

30、31日は、正直なところ、30分に一度、gmailを見ていた。

あぁーー、無理だったんだと思って、今日はひたすら、職探しに時間を費やしていた。

たぶん、6時間ほど。

なにやってるんだ、自分みたくなって。


でも、仕事が決まって良かったです!!

子供と関わる仕事。心から嬉しいです。

履歴書を書いたり、面接に足を運んだり。疲れました。


仕事に対して燃やしている気持ちを、今後とも持続できるように。

頑張ります。


喧嘩をしている両親には、先程、電話で話しました。

彼が帰ってきたら、彼に話します。

明日は朝イチで静岡に帰り、母に直接伝え、11月3日はアイドルのライブです。

友人から、誰が出るの?と聞かれたが、分かりません。

アイドルのライブをプロデュースする方からチケットをもらったからです。


……あ。

だいぶ、本題からずれてしまいました。

次は、アイドルじゃなく、ファンになってしまった話。

続きのストーリーはこちら!

54人生の岐路 / 応援し続けたい

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。