53人生の岐路 / 職なし金なしコネなしだけど

1 / 3 ページ

前編: 52人生の岐路 / 帰り方が分からない
後編: 54人生の岐路 / 応援し続けたい


とうとう、11月に入ってしまいましたね。


やべーという人もいるし、まだまだという人もいるかと思います。

私はどちらかと言えば、やべーという方です。


ここ最近と言いますか、10月、何してたねん?という話ですが、

Web履歴書を書いたり、紙の履歴書を書いたり、面接に行ったりしていました。

転職活動という言い方が嫌いなので、職探しと言っておきますね。


Web履歴書は、10社出せば、10社通ります。

けれども、面接は別です。10社行けば、10社落ちます。

とはいえ、これまでに受けた面接は、5社です。


ちょっと気になる企業、2社。(大手の出版社)

ここに入りたい企業、1社。どうしても入社したい、仕事をしたい企業、2社。

計、5社ですね。

--------

ただ、履歴書だけの生活は、自分としてはどうしても許せなくて。

10月の半ばからは、用事を作っては外に出ています。

そうしたら、生まれる、生まれる。面白いぐらい、出会いが生まれます。


職も、金も、コネもありませんが、

出会いだけはあります。

行動する度、出会いって生まれるんですね。


■10月25日

写真展のオープニングパーティー

大学生の頃からの仲、ゆうせいくんに声を掛けてもらい、新宿へ。

ゆうせいくんとは、100人100旅と呼ばれる、旅好きが集まった社会人サークルのイベントで知り合った。当時、私は京都の大学生だったが、都内で行われた新年会に参加していた。ゆうせいくんは私より、1つ上で、何より、京都の大学を卒業しているという共通点ですぐに仲良くなった。

そうそう、オープニングパーティーは、とっても楽しかったです。

はじめは不安でした。周りが、グループでの参加だったので、どうしようと思ったのですが、私と同じように一人で参加している子がいて、私の横に座ってくれた事で打ち解けることができたんです。


隣の子。19歳の女の子。

初登山が富士山で、一人でのぼったとのこと。

ただただ、すごいなと思ってしまいました。


話を聞いていると、周りに旅の友達がいないとの事だったので、紹介してあげました。

昨夜、用事で都内に行ったついでに、前の職場の子と飲んでいて、その子も旅友が欲しいと言っていたので。今日出会ったばかりなのに、19歳の女の子と、職場の、23歳の女の子を繋げてあげました。


ただ、それだけのことなのに。

人と人を繋げるのって、こんなにも楽しいことなんだ。

心から、わくわくしました。

みんなの読んで良かった!