わたしのシアワセは今に素直な事かもしれない〜vol.3

悩んでました。セックスレスのこと。

この度、晴れて婚約した私たち。
私にとって、婚約や結婚なんて未知過ぎるものだったけど、彼と出会ってすぐに「あ、この人の子供なら産めるわ。」と思ったのでした。
出会いは、とある呼吸法のワークショップ。かなりマニアックな場所。私はその日遅れてやって来た彼の声を聞いただけで恋に落ちました。
「あ、この人絶対優しい。」
そんな風に思ったと思う。そしたら、これはGETせねばっ!!!と女の勘が働いた訳です。元々、一目惚れ的に好きな人が出来る方ではあるけれど、「声」だけというのは人生初だったなぁ。
お得意のイケイケ素直攻撃で見事彼を射止め、あれよあれよ、35年間不安まみれの恋愛に親しんだ私が、今までにないリラックス感を伴う楽しめる恋愛をGETしたのです。
彼との付き合いは、ついこの前、丸3年を迎えました。万を時しての婚約だし、12月には入籍予定だし、来春には結婚式なんだけど、私たちは微妙にセックスレス。
私ってば、ずっとずっと、何とかしなくちゃ!このままじゃいかん!と、焦ってました。
そのお陰で、おかぴーやら、はるちゃんやら、みっちさんやら、なおさんやら、ちゃみさんやら、あーすじぷしーやら、この後の人生を共にするであろう、実践マスター達に出会え、そこに集まる仲間と友達にもなれました。
が、しかし。が、しかし!
どうしても、どうしても、セックスレスが駄目な気がする感は、婚約中の今、悩みでした。
セックスレスであることを駄目な気がして辛い私のこの気持ちと、俺が不甲斐なくてごめんねっていう辛くて優しい彼の気持ち
この狭間で、わたしは一体どうしたらいいんだろう?って思ってた。
でも、今朝送られてきたちゃみさんのメルマガに答えがあった!

どうもしなくていい。
わたしはその焦りや辛さ、悲しさ、淋しさのままに。
彼も、彼の辛さや悲しさのままに。
だけど、伝え合う。それだけ。
そうして、一緒の時間を過ごす。

それでいいんだって、ものすっごい今日は腑に落ちてしまった。やったー。今日はそんな日だったんだな。
じーんとくる。
セックスレスについて、まだしばらくは色んな気持ちになるんだろうけど、カラダ全体、ココロ全体、シコウ全体、タマシイ主体で、感じてあげよう!あげれそう!と想いが新たになった今日でした。

著者の村越 陽子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。