岡山県のある18歳が高校を2度中退し、時給850円で教育を変える挑戦をしている話

1 / 9 ページ

人生一度目の高校中退。


今から遡ること1年半...


ぼく「あ、おれ学校辞めるけん。(←岡山弁)」

友達「え?」

ぼく「で、オーストラリア行くけん。」

友達「は?」

ぼく「だから、次会うのは3年後かな。」

友達「んんん!?!?!?」


そんな感じで、地元岡山県の高校を中退し、単身オーストラリアに渡ることになったぼく。当時17歳。

なぜ17歳でオーストラリアに渡ろうと思ったのか。

それまでの学校生活で何があったのか。

そして今、何をしているのか。

そんなことをつらつらと綴っていきます。


もともと中学3年生のときから、大学に行くつもりはなかったぼく。

大学に行くつもりがないんですから、わざわざ「受験のための」授業を聞く必要はありません。

授業中は、大半の授業で、自分の好きな本を読み、授業と関係ないことを考え、考えては机の上に唯一置いてあるメモ帳に書きなぐっていました。(教科書は机の中)



........ はい、めちゃくちゃ反抗的ですね。

ではなぜ、そこまで授業に対して、反抗的だったのか。

それは授業に対して、何とも言えないムナクソワルサを感じていたからです。


例えば、数学では、

先生「ええか 半径Rのときは、sinθ=y/R だからな!(キリッ)」

ぼく「え、待って待って」

先生「で、cosθ=x/Rで...」

ぼく「え、いや、ちょっ...」

先生「よーし、みんなわかったなー。」

ぼく「ちょっと!三角関数って関数ですよね?

で、関数って「ある値に対してただ一つの値が対応する関係」のことでしたよね?

なのに、sinθ=y/Rって、何が何にどう対応してるんですか !?!?!?」

先生「いいから、まず板書とって!!話はそれから!」

ぼく「....」


(その後、他学年の数学の先生のところに質問にいって解決。)


物理では、

先生「仕事W=Fsだからな (ドヤッ)」

ぼく「すいません、式じゃなくて言葉で説明してもらえますか?」

みんなの読んで良かった!