岡山県のある18歳が高校を2度中退し、時給850円で教育を変える挑戦をしている話

1 / 3 ページ

人生一度目の高校中退。


今から遡ること1年半...


ぼく「あ、おれ学校辞めるけん。(←岡山弁)」

友達「え?」

ぼく「で、オーストラリア行くけん。」

友達「は?」

ぼく「だから、次会うのは3年後かな。」

友達「んんん!?!?!?」


そんな感じで、地元岡山県の高校を中退し、単身オーストラリアに渡ることになったぼく。当時17歳。

なぜ17歳でオーストラリアに渡ろうと思ったのか。

それまでの学校生活で何があったのか。

そして今、何をしているのか。

そんなことをつらつらと綴っていきます。


もともと中学3年生のときから、大学に行くつもりはなかったぼく。

大学に行くつもりがないんですから、わざわざ「受験のための」授業を聞く必要はありません。

授業中は、大半の授業で、自分の好きな本を読み、授業と関係ないことを考え、考えては机の上に唯一置いてあるメモ帳に書きなぐっていました。(教科書は机の中)



........ はい、めちゃくちゃ反抗的ですね。

ではなぜ、そこまで授業に対して、反抗的だったのか。

それは授業に対して、何とも言えないムナクソワルサを感じていたからです。


例えば、数学では、

先生「ええか 半径Rのときは、sinθ=y/R だからな!(キリッ)」

ぼく「え、待って待って」

先生「で、cosθ=x/Rで...」

ぼく「え、いや、ちょっ...」

先生「よーし、みんなわかったなー。」

ぼく「ちょっと!三角関数って関数ですよね?

で、関数って「ある値に対してただ一つの値が対応する関係」のことでしたよね?

なのに、sinθ=y/Rって、何が何にどう対応してるんですか !?!?!?」

先生「いいから、まず板書とって!!話はそれから!」

ぼく「....」


(その後、他学年の数学の先生のところに質問にいって解決。)


物理では、

先生「仕事W=Fsだからな (ドヤッ)」

ぼく「すいません、式じゃなくて言葉で説明してもらえますか?」

先生「?? いや、仕事W=Fs だぞ。」

ぼく「いや、だから式じゃなくて言葉で説明してもらえますか?」

先生「お前がそんなこと言っても、世界の法則は変わらんのんや。(←会話成立してない)」

ぼく「いや、世界の法則変えるとか誰も言ってな..」

キーンコーンカーンコーン

先生「とにかく、この公式に数字当てはめてこの問題集やってこい。」

ぼく「........... (死んでもやらん!!)」


(授業のあと、教科書見て2秒で理解しました。)


今から振り返れば、生意気で、反骨精神の塊みたいな生徒でしたが、それでもやはり、


受験のためには知識が必要

    

とにかく問題集やらせよう

    

(やってこなかったら) なんで、やってこんのんや!!!!

という図式は間違っていると思うのです。

あのムナクソワルサの正体は、この図式だったのです。

つまらんものなんて誰もやりません。

なのに、そんな生徒の気持ちは関係なく、とにかく知識を押し付ける。そんな授業に辟易としていたのです。


そしてこういう経験をしたせいか、ぼくは「授業への信頼」が全くなくなっていました。

学校が中高一貫校だったため、エスカレーター式に高校まで上がりましたが、「ま、どうせ授業はつまらんのんでしょ。はいはい。」とたかをくくっていました。


しかし、そんな風に考えていた高校1年生の古文の授業。

某M先生が教室に入ってきて一言。


M先生「おい、いいかお前ら。助動詞の活用なんか絶対覚えるなよ。」

 生徒「!?」

M先生「覚えるから忘れる。だから考えろ。考えりゃ覚える。」

 生徒「!?!?」

M先生「いいか、そんな風に暗記した活用なんてな、ク○ほどの価値もないからな。」

 生徒「!?!?!?」


こんな風に他の生徒が面食らっている中で、僕は目を輝かせていました。


ぼく待ってましたー!!こういう授業が聞きたかった!!!!


もう、授業がはじまってから終わるまで終始ニヤニヤ。

某M先生は、助動詞の成り立ちを一から教えてくれました。

そのときは、古文の基礎知識がなかったので、内容はほとんど理解できませんでしたが、放課後は毎日のようにM先生のところに質問に行き、一から古文の知識を吸収し、「そんなとこまで知る必要ある??」みたいな、超マニアックなところまで勉強しました。


そして、そういう経験をしたぼくは思うのです。


先生の仕事とは、生徒に「やべー!おもしれーな、それ!!まじ鳥肌たつわ!」と思わせることだと。


知的感動体験を与えれば、あとは放っておいても勝手に勉強するんです。

だから、教師とは、知識を与える仕事ではなく、知識に息を吹き込む仕事なのです。

知識は中性です。死んでるんです、もともと。だから、面白いわけがないんです。ただ、その知識に息を吹き込み命を宿せば、人を感動させることができるのです。

だからこそ、先生は、知識に息を吹き込んで、生徒に面白いと思わせることが必要なんです。


「いやいや、勉強っていうのはね、そんな楽しいものじゃなくて、社会に出たときに苦労する予習みたいなものなんだよ。」

と言う人がいますが、


だったら、1限目から5限目まで雑巾掛けでいいじゃないですか。


数学の問題を1時間で50問解くより、1時間永遠と雑巾掛けしてる方が肉体的にも精神的にも1万倍キツいと思うのは、ぼくだけでしょうか。


少し話が逸れましたね。戻します。

そんなワクワクしてしょうがないM先生の授業を受けてからは、

「よし!このM先生の授業を受けるために学校に行こう。」

と思うようになり、積極的に学校に行くようになりました。


学校へ行き、授業を受け、放課後はM先生に質問に行くことが多くなりました。

話す内容も、古文のことから、大学って?そもそも学問って?という話まで多岐にわたりました。

そのせいか、話をしていく中で、古文の知識を得るだけじゃなく、物事の考え方まで影響されるようになりました。

その結果、M先生はぼくのロールモデルとして、今でも大きな影響力を持っています。



さて、今はM先生の授業にフォーカスしてお話していますが、もちろん授業だけじゃなく、文化祭、体育祭も楽しかったし、もちろん部活も。友達とも、楽しくもときに刺激的な毎日を過ごしていました。


しかし、やはりぼくの性格上、学校生活はそう順調にはいかず、次第にこう思うように。


確かに、M先生の授業は面白い。でも...

一日6時間授業を受けて、その中で面白いと思える授業は数十分。

みんなの読んで良かった!

他7コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。