55人生の岐路 / 見下しすぎたアイドル

1 / 2 ページ

前編: 54人生の岐路 / 応援し続けたい
後編: 56人生の岐路 / 自分もアイドルを作りたい


はじめに。

私は、アイドルに関心がありません。


と言うと嘘になってしまうため、11月3日の朝まで、アイドルに興味がありませんでした。

twitterに書いた内容は酷いもので、

・これからアイドルのライブに行くわけだが、私はアイドルに関心がない。

・(会場が軽井沢のため)ライブより、アウトレットより、スキー場が魅力的である。

・テンションがあがらない。あー、新幹線代が…モッタイナイ。

と書き込んでいました。


そう、私は、アイドルにハマったことがないんです。

モーニング娘。の時代は、なっちが可愛いと思ったぐらいかな。

AKBやももクロに関しては、メジャーな歌は知っているぐらいで。誰押しというのもないな。あ、唯一、増田有華さんだけは応援し続けたい人だけど。アイドルとしてではなく、歌手、そして、女優としてかな。


まあ、そんな私が何故、アイドルのライブに行ったのか、という事ですが、話すと長いです。

そのため、すごく省略させていただきます。いや、私がただ説明できないだけなんだけど…。

では、話を戻しますね。

以前、このstorysに書いた記事で登場した友人を通して、太田さんという方に出会いました。

太田さんという方は、アイドルがとても好きな男性です。

そして、すごいのは、アイドルが好きすぎて、自分でアイドルをプロデュースされてしまったのです。分からないながら、作詞作曲も太田さん自身がされたそうで…。しかも!その子たちのデビューとして、普段はコンサート会場として利用される、軽井沢の大賀ホールで何組かのアイドルと一緒にライブまで開催されたのです。


アイドルにかける熱っていうか。情熱か。

自らがプロデュースした想いっていうか。

ただただ、すごいと思ってしまいました。


そう、その熱きハートの太田さんから、ライブのチケットをいただいたのです。

まあ、普通、興味ゼロ。関心ゼロ。の人が会場に足を運ぶわけがないですよね。

じゃあ、何故、私が足を運んだかというと、

正直、義理みたいなものがありましたよ。でも、私が行こうと思ったのは、仕掛けです。どんなふうに会場を盛り上げて行くのか、とか、演出とか。あと、太田さんの、ゼロから始めたところに惹かれていたんだと思います。


そんなこんなで、24歳、生まれてはじめて、アイドルのライブに足を踏み入れました。


正直なことを書きます。

ひとつも歌は知りません。でも、ファンか!ってぐらい、ノリノリでした。

見よう見まねで振りをして、気づいたら、アイドルの真ん前で躍っていました。

固定のファンに混ざって、一緒に会場を走りました。


『電車男』の影響が強く、アイドルのファンに対する考えは最悪でした。

近寄り難い男性っていうか、ファッションセンスがないっていうか。

でも、実際にライブに触れることで、ファンの存在がとても大きく感じました。

会場を盛り上げてくれたのも、一体感にしてくれたのも、ファンのおかげだし。

みんなの読んで良かった!