愛とは

お弁当の残りのミートボールを一粒、野良の黒猫に与えると、先に親猫が おそるおそる食べ、半分くらいかじった後、そばに居る子猫に与えていた。


自分が食べるのさえままならないのに。



ある朝、車に巻き込まれ死んでしまった親猫の横に、弱々しく鳴きながら寄り添う子猫が居た。



明日をも知れぬ日々を、寒い世界でみんな生きている。


守ろうとしても、守られると信じていても、明日のことは誰も知らない。


物の価値は変わり、在るものは潰れ、頼みもしないのに死は、突然やってくる。


有限の繰り返しを、ただ積み重ねただけの歴史。

愛がどんなに美しく、あたたかくても。



そんなことを考えてた十代の頃。








著者の林 京子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。