自分に自信がなかった。大嫌いだった自分を好きになれた話

高校2年の冬。

信じられない事が起きてしまった。

その日は私は風邪を引いて学校を休んでいた

夜7時半頃、急に鼻血がでてきて
ティッシュで押さえていた

10分たっても

20分たっても

鼻血が止まらない…。

止まったかなぁと、鼻に詰めたティッシュを抜くと

ツーっとまた出てくる。

40分近く経っててやっと鼻血はとまった。

私の体には

知らないうちに
膝や、足

肘や腕などに幾つかの打ち身があった。

運動部でもなく

そんなにぶつけた覚えもない

母は急いで病院へ連れてってくれた。

病院の先生からは

『紹介状を渡しますので、一度大きな病院で検査を受けてください』と言われ、次の日総合病院へと検査をしに行くことになった。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。