自分に自信がなかった。大嫌いだった自分を好きになれた話

高校2年の冬。

信じられない事が起きてしまった。

その日は私は風邪を引いて学校を休んでいた

夜7時半頃、急に鼻血がでてきて
ティッシュで押さえていた

10分たっても

20分たっても

鼻血が止まらない…。

止まったかなぁと、鼻に詰めたティッシュを抜くと

ツーっとまた出てくる。

40分近く経っててやっと鼻血はとまった。

私の体には

知らないうちに
膝や、足

肘や腕などに幾つかの打ち身があった。

運動部でもなく

そんなにぶつけた覚えもない

母は急いで病院へ連れてってくれた。

病院の先生からは

『紹介状を渡しますので、一度大きな病院で検査を受けてください』と言われ、次の日総合病院へと検査をしに行くことになった。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の大山 歩さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。