双子の姉なっちゃんの話【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

3 / 5 ページ

次話: 双子の姉なっちゃんの話②【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】



そう、その日はとても星のキレイな夜だった。


車で会社から帰る途中にいつもの本屋に寄る。


田舎ならではの、ただっ広い駐車場のある本屋からは、星空がよく見える。





私:なほ
キレイやなあ。





思わず自分の口から出た言葉に、少し懐かしさを感じてしまう。

星空をみて「キレイ」と思ったのはどのくらいぶりだろう。



心なしか今日は、いつもより星空がとてもキレイに見えた。





私は、ただっ広い駐車場の真ん中に車を停めて、フロントガラス越しの夜空をぼーっと眺めていた。




自己啓発本を読み出してから、会社帰りに本屋に立ち寄るのが私の日課になっていた。



だけど、今日は新しい本を買いたい気がしない。

本屋に併設しているカフェで「今日学んだ事」をノートに書き記す気力もない。

自己啓発本も、異業種交流会も、本当は何だか違うと、どこかで気づいていた。




車の中で、ただ星を眺める。星も月も、小さいころと何も変わらずキレイに輝いている。

そういえば、星を見るのが大好きだったんだ。



双子のまぁちゃんと、布団に入ってからも夜空の下でいろんな話をした。



なかなか寝ないから、いつも両親に怒られてたなぁ。

星空は私たち二人にとって、とても特別で懐かしかった。



胸があったかいものでいっぱいになる。



東京にいるまぁちゃんは元気だろうか。




夜空の下の車の中は、久しぶりのゆっくりとした時間が流れていた。





私:なほ
今日は本当に星空がキレイ.....。





ぶぶぶっ…








その時、ジュースホルダーに置いていた携帯がガチガチぶつかりながら合図した。





  着信先:まぁちゃん




まぁちゃんからの着信だ!




以前は毎日かけていた電話も、

福岡と東京で離れてしまってからは、ほとんどしなくなっていた。




あんなに仲が良かったのに、忙しさに追われて連絡しなくなる日が来るなんて、

子供の頃は考えもしなかった。

ちょうどまぁちゃんを思い出していたところに電話が来るなんて!



久しぶりの電話に嬉しさでドキドキしながら、すぐに電話をとる。




まぁちゃん
もしもし!!!なっちゃん!!!!!!!!!!




受話器から聞こえたのは、興奮気味に弾けるようなまぁちゃんの声だった。




ねぇ、あの頃の夢、まだ覚えてる?


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のShono Mahoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。