双子の姉なっちゃんの話【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

4 / 5 ページ

次話: 双子の姉なっちゃんの話②【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】



私:なほ
まぁちゃん!!何かあったん!??

今私も、ちょうどまぁちゃんのこと考えてた!!




まぁちゃんの声は、何だかとてもいいものを運んで来てくれたような声だった。




そして感動で震えているようにも感じる。

電話越しからも伝わってきた。




私は何だか胸が高鳴った。


なんだか普通の電話じゃないことを感じていた。


満点の星空の下。そんなシチュエーションもなんだかぴったりだった。



そして第一声は、予想もしなかったこんな一言だった。





まぁちゃん
あのね、なっちゃん。最近ワクワクしてる?





 ーーーえ…!




私は一瞬時間が止まったように感じた。


胸がドクンと鳴る。



まぁちゃんは、私の返事も聞かず続けた。



そしてまぁちゃんは提案をしたんだ。

それはこれから私たちの人生を大きく変える、いや、人生を本当の道へ戻す言葉となった。





まぁちゃん
大人になっても、ずっとワクワクして生きていいっていったら、どうする?




この時、小さい頃のまぁちゃんと毎日ワクワクしてた日々が

映像、匂い、感覚で身体の奥から湧いて来た。






毎日がキラキラしていた。







あの頃、今日誰に会うか、何をするか、いつもワクワクしていた。



布団に入ってからもいつまでも二人で話をした。満点の星空をみながら。





そう、私たちは大人になっても、こんな日が続くと思っていた。




ただ、毎日ワクワクして生きていきたかっただけだったんだ。





私がずっと足りないと思っていたのは

この“ワクワク”だったんだ…!




頭から本当に何かがパカーンと開いたみたいに、私の視界が開けてきた。



色んな感覚が一瞬で蘇った。




私:なほ
まぁちゃん!!!!!そう!!それ!!!!!!

私がずっと探してたこと!!!!!!




身体中にあの懐かしい「ワクワク」した感覚が広がって、私は気づけば大号泣していた。





会社に入って一年半頑張ったけれど、違和感ばかりが大きくなること。


そんな自分をどうにかしたくて自己啓発やセミナーにたくさん通ったこと。


肩肘張って積み上げたプライドも、キャリアも、自分の足りない何かは埋められなかったこと。





受話器の向こうでウンウン頷きながらまぁちゃんは聞いてた。

著者のShono Mahoさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。