彼女の愛読書と整列するペンギン

おれらは、出された問題を何の疑問もなく、解くように教えられてきた。

みんな共通の問題に取り組んで100点を取ることを目指す。

でも、そのシステムは中学と高校でおわり。それからは自分が好きなものを手にとって、問題は自分で創り出せばいい。

最悪なのは、いつまでも、他人が作った問題を解いて100点を取ることが、普通って思ってることなんだよ。

この前、愛読書がHow to本とか言ってる人に会ったんだ。それってマジで終わってる。

その人はHow to本から答えを探してるんだ。他人の答えをコピー&ペーストしようとしてるってこと。確かにそれは合理的な判断だ。きっと100点をとれる。

でも、この問いには答えられないと思うんだ。

『お前の生きている意味は何か?』

これはおれの意見だけど、コピー&ペーストで生きている人は、自分で出した答えに自信が持てない。自分で創った問題には、自分で答ればいいし、それが正解でしょ。100%主観でいい。


ちゃす

いまのおれができることは、

自分が実際に体験した「面白いこと」を紹介すること。

よかったら、見てみて。


ここから



著者の池谷 駿佑さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。