そういえば、小学5年生の時Whistlerで$1,000儲けた話①

1 / 2 ページ

皆さん!Whistlerは良いですよ!(クッキングパパ風



これは、僕が小学5年生の時に初めて一人海外した時のお話です。

えぇ。もちろん英語なんて微塵も喋れません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コトのキッカケは、夏休み前の5月ぐらいだったでしょうか。

オヤジ
お前、一人で海外行きたい?
え?よくわからないけどメッチャ行きたい!

友達が家族でハワイに行くなんて話を学校で聞いていてスゴい羨ましく思っていた時のことでした。

クラスに一人はいたよね?夏休みに家族で海外旅行に行く人。

僕も父親と二人でアメリカ西側をモーテルやユースを使いレンタカーで南下してメキシコに行ってタコス食べたりシンガポールにオヤジと姉貴と行って船でインドネシア行ったり歩いてマレーシア行ったりと海外旅行にはよく行っていた方の部類だと思います。

ですが、一人です!かっこよすぎぃぃ!でしょ笑

この夏、家族でハワイに行くとか蹴散らせるぐらいのインパクトでしょwwww

という、ただ自慢をしたいという理由でカナダはウィスラーに行ってまいりました。

一足早い夏休みを勝手に取り約二ヶ月の一人海外です。

一応、説明をしておくとウィスラーにある大学の寮を夏の間貸し出して世界中の子供達(小学生〜高校生)を集めるというものでした。その中でキャンプに行ったり、スノボをしたり、湖で泳いだり、BBQしたり。毎朝その日のアクティビティを伝えられるのである。もしかしたら、前日説明されていたのかもしれないが少なくとも僕のには入ってこなかった。



成田空港にて。


あんた本当に大丈夫?
大丈夫だって!(よゆーっしょ!オヤジもHelloが言えればおkって言ってたし・・・
そうそう、荷物にカップヌードルと煮干しと醤油入れといたから!なんか、海外だと欲しくなるんだってさ
ありがとう!
本当に気をつけるんだよ!友達できなかった時のために竹とんぼ!コレで友達作りな!
ありがとう!

なんて、何の役に立つのか分からない竹とんぼと現金1万円とトラベラーズチェックをカナダドルで2000とベルトにチェーンで括りつけるマジックテープのペリペリ言う財布とを渡される。

なんと言っても、初一人旅行、初一人海外、初カナダetc...である。海外に行ったことのない母親は相当心配していただろう。

そういえば、荷造りを完全に母親に任せていたがスーツケースではなく大人用のバックパックだった。

よく、家族で八ヶ岳や穂高、剣岳、白馬など山に登っていたので抵抗は無かったが今思うとスーツケースで海外に出たことが無いのは親のせいなのだろうか。。。今では現地調達の楽しさから、コンビニ袋とMacがあれば良いし・・・

そんな、今生の別れだという顔をしている母親と呑気に近くの銭湯に行くぐらいのノリで出国する息子は成田空港でお別れである。

さよなら、母ちゃん!!!

そういえば、オヤジには前日”初めての旅の英会話”なる魔法の薄い英会話本を渡されていた。オヤジ的に本気でコレで大丈夫だと思って渡していたのか今度聞いてみたいものである。因みに今喋れる英語は基本的にこの本がベースになっているのでロクな事が喋れない。レストランで追加ワインの仕方やバスの行き先の聞き方などバッチリである。


お別れが無事済み今みたいにケータイを持っているわけでは無いので、ブラブラとしていると税関の先は暇である。子供にとって何をしていいのか。。。

一応JALだかUNITEDだか忘れたが子供の海外旅行用のサービスで飛行機まで乗せてくれて、現地で無事降ろして荷物を受け取るまでやってくれるサービスのお姉さんが一人付いていたのだが特に楽しくなかったので割愛。


飛行機に乗ると、食事やコーラを貰い映画を観て過ごしていつの間にか寝ていた。。。

フライトの真っ只中、トイレで目が覚めた。

トイレから帰ってくると

CAさん
ぼく!ぼく!
はい!?
CAさん
ちょっとお姉さんと機内散歩しよっか!
はい!

飛行機にも完全に飽きていたので、ナイスCAさんである。

外も中も真っ暗の中、飛行機の先頭の方に行くと

CAさん
ごめんねぇ。ホントは運転席とか見せてあげたいんだけどダメだって言われたから窓の外見よっか!
はい^^;

みんなの読んで良かった!