ハンドボール 第七回

1 / 3 ページ

前編: ハンドボール 第六回

2回戦、苦手なY中相手に(自分で言ってしまうけど)活躍し、それなりに貢献し(これも自分で言ってしまうけど)、チームのキーマンになってた僕。

「この点差を守っていけば」、とかは思わず、「更に点差開けてもっと活躍してやる」と意気込んでいました。


休憩しながら、ブロックでボコボコになった腕を冷やします。

前半、ほとんどキーパーまでシュート届いてませんからね。ほとんど僕が止めてます。そのぐらいドンピシャな作戦だったんですよ。


先生も仲間も「イケる」と感じてたと思います。ウチの誰もが「勝てる」と。僕も後半は更に止めてやると息巻いてました。後半が始まり、前半と同じように動き回り、相手のシュートチャンスを潰します。


そしてシュートを決めて、声を出し、お互いがお互いに声を掛け合い、注意をし合って、チームが最高の状態で盛り上がってます。今まで試合中にオドオドしてた僕はもう、そこにはいません。(偉そうに)仲間に注意してる僕がいました。


後半入って5分過ぎぐらいでしょうか、相手チームのセンターが同じように切り込んできたので思い切り前に詰めたら相手チームの選手も僕も衝撃で倒れました。


「やった、相手のチャージでこちらのボールだ」


と思ったんですが、その反則を知らせる笛のあとに続いた審判の声に自分の耳を疑いました。


「8番、失格!!」


僕は「え?」って感じで状況がよく飲み込めてない。

僕の感覚では今のは相手のチャージであって、こっちのボールになったと思ってただけに余計に状況が飲み込めない。


仲間も相手チームですらも状況が飲み込めない。


審判が何を言っているのかわからない僕はボールを持ったまま、ただ呆然と立ち尽くしてました。


「え?シッカクって? 失格? 誰が? しっかくって? 何を言ってるんだ・・・?」


とパニックに。


すると、僕が状況をわかってない、と気づいた先生から

「ムツ、いいからこっち戻ってこい!!」

と呼ばれ、ボールを置いてベンチへ。

僕の変わりに控えの人間がコートに入りました。


状況がわからない僕は先生に「しっかくってなんですか?」と聞いてみると、先生はこちらに顔は向けないものの、穏やかに、


「ハンドボールってのは3回退場すると失格になって、その大会にはもう出られないんだ。」


と告げられ、状況を把握した僕はその場に膝から崩れ落ちました。


取り返しのつかない大失態と、悔しさ、もうコートに戻れない悲しさ、そしてチームのみんなへの多大な迷惑・・・自分を責める気持ちや感情が一斉に溢れ、涙がとめどなく溢れてきました。


すぐさま立って、先生に、「すいませんでした。僕のせいで、僕が、僕が・・・」

みんなの読んで良かった!