初めて家族を失って思うこと

1 / 18 ページ

先日、祖父が亡くなりました。


これは自己整理というか思うままに書きたい気分なので、

まぁ色々綴っていこうかと思います。



僕にとっては初めて家族を失う経験だったので

なんとも言えない気持ちです。


7、8ヶ月前に地元の病院に入院をすることになり、

今年4月から東京に出ていた僕も月一回は地元に帰っているので

何度かお見舞いにいくこともありました。


大抵お見舞いには母と行くんですが、

母はなぜかいつも帰り際に

「ほら、握手しなよ」


と、じいちゃんとの握手を勧めてきました。


(いや、別にいいし)

と思いながらじいちゃんと握手をしていましたが、その度いつも思うのは

じいちゃんの握力は強い ということ。


ずっと農家をしていて、田んぼや畑をつくっていたじいちゃん。


数年前から身体がきかなくなって

近所の人に田んぼを任せるようになってからずいぶん時間が経つのに

それでも力強く感じるじいちゃんの握力は

何十年もじいちゃんが農家として生きてきた証なんだろうなぁと思いました。



11月3日の23時半ごろ、

実家に住んでる妹から電話がありました。


取り込んでいたので出られず

LINEで要件だけ教えろと伝えると、


「じいちゃん亡くなった」


との事。


みんなの読んで良かった!