高校のカバンをつくった

私の高校時代、私立高校の指定カバンが大流行していた。
私の高校には、指定カバンというものがなかったので、皆他校のカバンを友人からもらったり、買ったりして使っていた。
それも面白く無いな、、、と思いタウンページの「カバン」の欄から、かたっぱしから電話をして、勝手に自分の高校のロゴ入りのカバンを発注して、勝手にカバンの販売を始めた。
校内でも、校外でも飛ぶように売れ、それ自体は面白かったのだけれど、一番うれしかったのは、卒業後高校に遊びにいったときのこと。
先生:「あ、佐々木、なんかあのカバンをつくったのお前だったらしいな」
私:「えっ?」
先生:「あ、別にいいんだよ。あのカバン、公式なカバンとして採用されたんだ。」
私:「あ、そうなんですか」
先生:「先生たちも結構気に入っていてね。ありがとう」
という感じで、こうして実際に高校の歴史が塗り替えられてしまったのと、それでもなぜかほめられてしまったのが、とても嬉しかった。
今となってはいけないことをしていたわけだけど(もう時効ですよねw)、とてもおおらかな学校であった。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の佐々木 大輔さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。