高校のカバンをつくった

私の高校時代、私立高校の指定カバンが大流行していた。
私の高校には、指定カバンというものがなかったので、皆他校のカバンを友人からもらったり、買ったりして使っていた。
それも面白く無いな、、、と思いタウンページの「カバン」の欄から、かたっぱしから電話をして、勝手に自分の高校のロゴ入りのカバンを発注して、勝手にカバンの販売を始めた。
校内でも、校外でも飛ぶように売れ、それ自体は面白かったのだけれど、一番うれしかったのは、卒業後高校に遊びにいったときのこと。
先生:「あ、佐々木、なんかあのカバンをつくったのお前だったらしいな」
私:「えっ?」
先生:「あ、別にいいんだよ。あのカバン、公式なカバンとして採用されたんだ。」
私:「あ、そうなんですか」
先生:「先生たちも結構気に入っていてね。ありがとう」
という感じで、こうして実際に高校の歴史が塗り替えられてしまったのと、それでもなぜかほめられてしまったのが、とても嬉しかった。
今となってはいけないことをしていたわけだけど(もう時効ですよねw)、とてもおおらかな学校であった。

みんなの読んで良かった!