「うちって幸せだね」・・子どもがそう言った話

僕の家には写真がたくさん飾ってあります。
みんな、子どもたち、そして家族の日常を切り取った、なにげない写真ばかり。

こどもを見守っている私たち、手をつないで歩く子どもたち、寝起きの顔、赤ちゃんの沐浴、どこかに出かけたときのひとこま・・。


どれもなにげない日常のワンシーンですが、でもそこにはたしかに家族のなかになにかが育まれていく日々が写っていました。

それはなんだろう。

そしてそれをいつも見ている子どもが、ある日、こんなことを言いました。

「とーちゃん・・・うちって幸せだね」


そう。

小さな子ども達や、私たち家族が写ったその写真たちには紛れもなく、I Love You のメッセージが詰まっています。

そしてそれには幸せがいっぱい満ちています。

そんなことを少し大きくなった子ども達が読み取っていました。

…写真には、想いが込められる。


だから家族の写真をもっと撮ろうよ、もっと飾ろうよ。

そんなことを書きたいと思います。

子育て中の家族のために。

未来の子ども達の笑顔のために。

著者の五十嵐 豊さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。