”周りの5人の平均年収が自分の年収である”を冷静に考えてみると。。。



ビジネス系の本

自己啓発系の本


いろんなところで言われているのが、

この法則です。


この法則を簡単に説明すると、


================================

・あなたが今、一番接している人を

 5人思い浮かべて下さい、


・その人達の年収を書き出して下さい


・その平均があなたの年収です!

================================


ってことです。


”なるほど”と頷く方もいるかもしれません。


この言葉の結論として、

「環境が大切なんですよ」

と言いたいのだと、解釈しております。


自分の目標を達成するには、

既に目標を達成している人達の

環境に飛び込むことが一番の近道だ!


そんな感じだと思います。


タイトルにある通り、

ここで改めて考えてみましょう。


環境さえ良ければ、上手くいくのか?


あなたも答えは出ていると思いますが、

そんなことはあり得ません。


その環境に身を置いた際に

別の壁が立ちふさがることを忘れてはいけません。


それは、

【適応】

です。


お笑いの世界で考えてみましょう。


吉本と言えば、お笑いを目指す人にとっては

一般的に良い環境だと言えるでしょう。


少なくとも養成所があるわけですし、

自分のレベルに合わせてステージが

用意されていくのですから。


ですが、入った全ての人が成功出来るとは

限らないわけです。


”ついていけない”

”自分には合わなかった”


と良い環境から自ら逃げ出してしまうという

天邪鬼現象が起きるわけです。


ここから言える事。


どんなにいい環境だからって

結局は自分が行動をしなければ、

”環境に適応しなければ”

成功は出来ないわけです。


年収1億円の人達が行うプロジェクトを

一緒に行う事になりました。


それでも自分の行動が、

”ずっと電話対応”

だったら、ずっと下っ端のままですよね?


いきなり、自分も年収1億の仲間入りは

出来ないでしょう。

その中でやっていけるのでしょうか?


自分が環境に適応出来なければ

結局、生き延びる事は出来ないわけです。


・・・


さてさて、完璧にひねくれた考えを披露してわけですが、

僕の話を聞いて、もう一度考えてみましょう。


”周りの年収の平均が自分の年収だと言い切れますか?”

”環境が一番大切と言い切れますか?”


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。