56人生の岐路 / 自分もアイドルを作りたい

1 / 3 ページ

前編: 55人生の岐路 / 見下しすぎたアイドル
後編: 57人生の岐路 / 人を巻き込んだ代償


前に保存したのが、去年の11月…。

以来、このページにアクセスせず、ここまで来てしまった事に反省しています。

しかも、『自分もアイドルを作りたい』と思ってから、様々なことがあり、今は1ミリたりとも『アイドルを作りたい』想いがないのを先に記しておきます。


その心境の変化をそのまま記します。

最終保存日時の11月19日に残っていた記事から。


自分もアイドルを作りたい


そう思っちゃいました。

正直な話…心の声です。


1つ前の記事で書いた、

55人生の岐路 / 見下しすぎた

アイドルを先に読んでいただけたら幸いです。


アイドルに対する熱い気持ちが離れぬまま、

フェスティバルがあった翌日。


Kさんと電話で話そうという企画に参加させていただきました。


Kさんって誰?

と、いうところから話しますね。

※もともと名指しでしたが、多大なるご迷惑をかけたのでイニシャルのみです。


Kさんとは、経済アナリストの方です。

例えばですが、とあるラジオでパーソナリティーを務めていたり、投資や情勢などの講演をされていたり、やりたい事をしたい方や何をしたら良いのか分からないけど強い意志を持った方のアドバイスをされたり、一概に何とは言えないほど多くの活動をされている方です。


では。

何故、そんな方と電話で話せるの?

という本題ですが。


Kさんとの出会いは、少し前にさかのぼります。

いつかは忘れました。確か、9月の半ばか、下旬頃。


前の職場で出会った友人の紹介で、Kさんの講演会に足を運ぶ事になりました。

当時、私はとにかく迷っていた。

仕事を勢いで辞め、次の仕事が決まっていない状態で沖縄に旅立ち、「離島、最高!旅、最高!」と奇声をあげてしまうほどテンションが高い中、実家に帰ると父が大激怒し、「仕事が見つかるまで出て行け」と家を追い出され、途方に暮れていた。


やばいとか、あかんとか。

とにかく、どこでも良いから仕事に就きたかった。


みんなの読んで良かった!