17歳で起業した会社を売却!学生起業家のオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格法

1 / 2 ページ

前話: 英語教育の被害者が留学し虐められ17歳で起業、20歳で出版、そしてオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格
次話: TOEIC, IELTS満点でも意味がない!オックスフォード大学で通用しなかったゆとり世代の日本の英語教育!

CHAPTER1〜4はこちらをご覧ください。

英語教育の被害者が留学し虐められ17歳で起業、20歳で出版、そしてオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格


CHAPTER 5
オックスフォード大学院合格までの長い道のり

17歳から英語を教え始め、これまでに500名以上の生徒に指導し3つの校舎を運営していく中で、自分の体力と英語力、そして会社を経営し人を動かすことに限界を感じていた。自分より社会経験がある年上の社員の生活を保証しなければならないという責任感。週7日働き、365日朝から晩まで生徒のことを考えていた。1週間の間に山梨、神奈川、東京を夜中に車移動して、パーキングエリアで仮眠を取り、車の中で教材を作り、塾で指導する。

当時大学3年、指導する生徒から東京大学や海外大学に進学する生徒が生まれ始め、自分自身の微々たる海外経験ではこれからの生徒たちのロールモデルにはなれない。世界の名門でまずは自分が勝負すべきだ。と感じ、世界ランキングを見つめ、世界の名門大学院に行くには何が必要なのかを調べた。

青山学院大学に通いながらも上智大学院の授業に参加させてもらっていた。そこで海外進学予定の院生にアドバイスをもらい、「英語教育」「言語学」というキーワードで調べ尽くした結果、世界の最高峰はオックスフォード大学だということを知った。まずは行ってみないと何もわからない。ということでオックスフォード大学に行く方法を探った。辿り着いたのがオックスフォード大学英語教員研修である。そこでの参加条件が3年以上の指導経験とあり、論文や出版物が必要だとわかった。

ダメ元でこの研修の担当者にメールをすると幸運にも高校2年からの指導経験が認められ、参加できることになった。そこにはハリーポッターの世界が待っていた。

英国行きの飛行機の中で人生を振り返った。これまでは不透明な使命感と共に走り続けてきた。

地域密着型で手の届く範囲の学生に影響を与えてきたつもりではいたが、結果として残るのは自己満足に過ぎない。僕の限られた経験と知識では世界に導くことはできない。そして日本全体に影響を与えていかなければ、あのオーストラリアでの経験はただの経験として終わってしまう。あの場所で痛感したことを日本全体に知らしめていく必要がある。日本の英語教育を変えるにも世界レベルの理論と実践だと考えた。

オックスフォードに到着すると、まるでおとぎ話の世界に入り込んだような気持ちになった。中学2年の時に家族と来たオックスフォードとは何もかもが違う。

当時参加したオックスフォード大学の英語教員研修は世界28カ国から約50人の英語教員が参加した。その中で最年少参加の僕は周りのみんなによくしてもらった。参加者は大学教授や中学校高校の先生など、そしてケンブリッジ英語国際教員資格CELTAなどを持った英語教育のエキスパートばもいた。講師はオックスフォード大学の教授やオックスフォード大学出版の著者であった。そこで自分もこうゆう人間になりたいと思うようになった。


世界から共通の志を持った仲間がオックスフォードに集い、寮生活を行い、ハリーポッターのダイニングキッチンで議論を重ねた。理論と実践を取り入れた内容、少人数制のアウトプット中心の授業、内容言語統合型の授業、日本の英語教育に足りないのはこれだ!そして、ここで勉強したい!

IELTS(アイエルツ)受験

帰国後すぐにオックスフォード大学院進学に向けて準備を始めた。アメリカの大学はTOEFL、イギリスの大学はIELTSという英語のテストが必要だということは知っていた。IELTSには合格、不合格ではなく4.0〜9.0の数字で結果が出る。初めての受験では6.5、2回目の受験で7.0を取っていた。オックスフォード大学院の必要条件は7.5であったので、あと0.5足りなかった。

帰国後2012年11月24日、人生3回目となるIELTSを受験した。

大学の図書館に置いてあるIELTSの問題集を全て解き、身の回りのものを全て英語に切り替え、妻とも英語で会話した。テレビを見るときは内容を日本語から英語に同時通訳し、大学院で習った独り言でスピーキング力を伸ばす方法も行った。数ヶ月間IELTS生活をして試験に臨んだ。

そして結果は

Reading 7.5

Listening 7.5

Writing 6.5

Speaking 8.5

Overall 7.5

必要条件の7.5を達成!IELTSはもう一生受けない!

と心に誓ったが、1年半後に悲劇が待っていた。

オックスフォード大学院入学の必要条件

・GPA of at least 3.6/4 in a relevant subject(専門科目の成績がGPA3.6以上)

・Three Academic References(3人の教授からの推薦書)

・Two pieces of written work(2つの論文)

・Personal Statement(志望動機書)

・Research Proposal(研究計画書)

・IELTS7.5 or TOEFLibt110

・Interview(面接)

2013年1月10日

この日は卒業論文提出日。必要条件は2つの論文とある。残り1つの査読付きの論文が必要ということになる。この時点で満たされていたのはIELTSのスコアのみ。

ここまで月から金まで週5日大学に通い、金曜の授業が終るとその足で山梨に移動し、夕方から塾生に指導、土日は両日13:00〜22:00まで授業を行い、23:00に生徒を帰宅させ、そこから東京に帰り、月曜からの大学の授業に行っていた。新婚1年目の生活はこんな感じだった。

青山学院大学卒業

2013年3月1日、青山学院大学を無事卒業。専門科目のGPAは3.7ギリギリセーフ。

1、2年の教養科目の成績(体育以外BとC)


3、4年の専門科目の成績(専門科目オールA)

お世話になった恩師3人に推薦書をお願いし、残る必要条件は

・Two pieces of written work(2つの論文)

・Personal Statement(志望動機書)

・Research Proposal(研究計画書)

となった。

ここからが人生をピークです。

EUGENICには週6日13:00から22:00まで勤務、実質23:00くらいに生徒が帰宅し、24:00くらいからPersonal Statement、Reseach Proposal、論文執筆、単語帳執筆を繰り返しを朝7:00から8:00までこなす。出版までは3時間から4時間半睡眠で身を削り、校正を重ねた。


妻は企業に就職し静岡勤務となり、ある意味、お互いが単身赴任となった。月に1回僕が静岡に通い、会ったとしても疲れていてどこかに出かける体力はなく、ずっとぐったりしていた。中国人妻の旦那としては失格である。

語源×TBI単語帳「英単語スピードマスター」出版

EUGENICの教育理論TBI(トピック中心指導法)と語源を英単語の4択問題で学習する

過去問で覚える英単語スピードマスター(Jリサーチ出版)」を出版。

出版前後はプロモーションや打ち合わせ、書店挨拶、テレビ出演が入り、講演会も行った。同時にEUGENICの塾生も増えに増え続け、引っ越しを余儀なくされ新校舎を創設。


インパクトを与えるため金髪、赤ネクタイ黒シャツという敢えて目立つ格好で英語教育改革を訴えた。

メディアでの露出度が増えると、嬉しいことが増える一方で嫌なことも激増した。人の前に出れば出るほど、裏では人に叩かれる。ネット上での批判・中傷が絶えず悩んだ時でもあった。会社を運営するためにも、ニーズに応えるためにも社員の数を増やして安定した収入を配分する必要が出てくる。社員は自分より社会経験のある30代の方のみに頼らざるを得ない状態になっていた。


3つの出願締切日

2013年11月22日

応募書類が出揃い、ついに申し込み!

オックスフォード大学院の締め切りは3段階。

Friday 22 November 2013

Friday 24 January 2014

Friday 14 March 2014

早く申し込めば合格しやすいという噂を聞いたのでこの日にApplication(申し込み)を何とか終わらせた。申し込みはOnline application(オンラインでの申し込み)で就職活動と似ているが、ただ項目が非常に多い。家族の詳細や犯罪歴なども問われる。

2013年12月4日

オックスフォード大学の教授から直接メールが来る。

Dear Koki Shimazu,

Thank you for applying to the Department of Education, University of Oxford to read for an MSc in Applied Linguistics and Second Language Acquisition.

(オックスフォード大学教育学部応用言語学及び第二言語習得修士課程にお申し込み頂きありがとうございます。)

To help us evaluate your application, could you please answer the questions I have outlined below. You can submit your answer by simply replying to this email.

(あなたのアプリケーションを評価するため、下記の質問に回答してください。このメールに返信してください。)

1. Could you please identify why you wish to read for this particular MSc in Applied Linguistics (i.e., the one we have here at Oxford relative to others in the UK and elsewhere).

(なぜこのこの応用言語学で勉強したいのか)

2. Could you please identify what you consider are the major issues or themes within the study of Applied Linguistics?

(応用言語学における主な問題と題材は何か)

3. As you are undoubtedly aware, a dissertation forms part of the assessment for this course. Could you please identify what you intend to research or investigate if you were to be granted a place on this course?

(卒業論文では何を研究し調査したいと考えているか)

Please send your reply no later than Friday December 6th, 2013.

Regards,

オックスフォード大学の教授からのメールです。

このメールの難点は言語学についての質問ではなく、返信期限。なんと2日後の12月6日、までにメールを返信しなければならない。このメールを見たのが受信から12時間後だったこともあり、1日半で正確な解答を返答しなければならなかった。

その日は高校受験対策のクラスと大学受験対策のクラスを担当していたので、メールを見るのが1日遅れになってしまい、さらに翌日は個別指導と通常授業があり、さらに締め切りの12月6日は母校青山学院大学で教育学部対象の講演。まさに3徹。締め切り日に大学に行けたこともあり、先生方にサポートして頂き、何とか返信することができた。


2014年1月6日

年明けから色々な不備を指摘される。

Dear Mr Shimazu,

I am writing with regards to your application for MSc in Applied Linguistics and Second Language Acquisition. The transcript (Aoyama Gakuin University) submitted on your application does not include the information about awarded degree and final grade/GPA. Could you possibly liaise with your University and provide us more details?

Many thanks

Admission Officeから青山学院大学の成績表にGPAが掲載されていないため大学に問い合わせるように連絡が来る。大学には英語版の成績表を出す他ないと言われ、英語版の成績表を郵送してもらい、PDFにしてAdmission Officeに添付して送った。

その他、数回のオフィスとのやりとりを重ね、ついに結果が届く。

オックスフォード大学不合格のメール

2014年1月15日

OxfordのAdministrative assistantから添付ファイルを見てください。

というメールが来ました。PDFでの正式な文書です。運命の通知です。

Dear Mr Shimazu

MSc in Applied Linguistics and Second Language Acquisition

Thank you for your application for admission to the above programme of study commencing 6th October 2014 which has now been carefully considered by the University.

Unfortunately, we are not able to make you an offer of a place at this stage. We will however re-evaluate your application against other candidates who apply through the next available application deadline on 24th January 2014. I am sorry that this will mean a delay in our decision, but competition for places on this programme of study is intense.

はい、そうです。不合格です。就活用語でいうお祈りメールです。

ただre-evaluateという文字があります。つまり再検討。まだ可能性があるということ。

が最後の文章にbut competition for places on this programme of study is intense.

competition「競争」がintenseは「激しい」とあります。まあ元々受かるとは思ってもいなかったので、あまり落ち込まなかった。ロンドン大学からは合格を頂いていたのでこの時点でロンドン大学で頑張ろうという意気込みであった。

2014年3月11日

東日本大震災から3年のこの日。突然、担当教授から面接実施の連絡が来る。再検討の候補になったということ。面接まで10日間しか猶予はなかったが、その担当教授の論文を端から読破した。論文、経歴から家族構成まで調べに調べまくった。

2014年3月21日

面接当日、妻に選んでもらったオックスフォードカラーのネクタイとスーツで挑んだ。

面接の内容は予想外。個人的な質問は一切なく、全部専門的な話です。就活とは違う。

最初の質問は一生忘れないでしょう。

・Quantitive research(量的研究)とQualitative research(質的研究)について利点と不利点

・研究対象を設定する基準は何か

合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

著者の嶋津 幸樹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。