それぞれの正義。それぞれの真実

リーガルハイのスペシャルを見た。

(安定のパンドラで)


  

「ミクロな正義」と「マクロな正義」について考えさせられる内容。



たとえば「死」はミクロにとっては悲劇だが、マクロにとっては発展、進歩の糧である。

一人殺すのは犯罪だが、たくさん殺すのは英雄、みたいな揶揄と絡めると深いかも。


  


あとは途中で「真実なんてクソの役にも立たねえ」という名言があって、「うん、そうだよな。。」なんて思ってたら、最後は「真実」によって締めくくられるという秀逸なストーリーだった。


  


「勝ったほうが正義。歴史が証明している」

なんて浅い観点から悟ってたつもりが、あらためて「正義」について考えさせられた。



「真実」も見る観点が違えば違った解釈になってしまう。

視野が狭いと恐ろしい、とあらためて感じた。

著者の佐藤 鳴海さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。