英語を活かした仕事がしたかったら、TOEIC・英検に近づくな!~僕が、お金をもらいながら、英語を学んだ方法

2 / 2 ページ


インターネットにさえつながっていれば、世界中どこにいても

コミュニケーションが可能だ。



メール、Skype、LINE、whatsapp

コミュニケーションツールも、用途に応じて様々なツールが揃っている。



あなたが、外国人と「つながりたい」「コミュニケーション」をしたい


そんな気持ちさえあれば、今、この瞬間からだって、外国人と

コミュニケーションをとることだって可能だ。



学習⇒実践ではなく、
実践⇒学習にするメリット


多くの日本人が採っている英語の学習法。


特に明確な目的があるわけでないので、まず英語学習から入る。

学習そのものを目的としてしまっている



学習⇒学習⇒学習⇒学習⇒学習⇒学習

そして、海外旅行などで実践


一方、僕が推奨しているのは、

まず、実践から始める。


実践⇒学習

実践⇒学習

実践⇒学習


この繰り返しだ。


あなたの目的は、英語を使って、仕事をすることだ。

その実際の仕事を通じて、英語を使ってみて、

自分に足りないことが分かるはずだ


実際に、自分が英語を使った場面を想像すらできず、

英語を学ぼうとしても、ほとんど仕事で使うことがない

表現や単語を覚えなければならないケースが出てくる。


もちろん、学ぶことに意味がある、テストで高い特典を

取りたいと考えている方にとっては意味があるかもしれない



ここまで読んでくれて。ありがとう
いつ、やるの?




どのように海外とコンタクトをとっていけばいいか?

どんなビジネスをしていけばいいか?


お問い合せはこちらから


海外起業を始めるための、3ステップ
















著者のShimada Ryouさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。