大学で保育の勉強をしていたのに、新卒で「納棺師」になった話(1)

短大でも専門学校でも、国家試験さえ通れば取れる保育士の資格。

元々は児童養護施設の保育士になりたくて、社会福祉の面からも広く学べる4年制大学の保育系学科に進学した。
キャンパスライフって『オレンジデイズ』みたいなの想像してたけど(笑)
自分で興味ある科目選んだりバイトしたりとか。


実際には資格取るための必修科目を選ぶとほぼ自動的に時間割も出来上がって…補講もあるから本当に大変だった。
大学入学してから1年半は地元から片道3時間電車通学してたから、(1日の4分の1は電車!)送り迎えしてくれてた両親にはすごく迷惑をかけていた。
冬になると、タイツ履いて寝て素っぴんで電車。日の出前だから夜中みたいなもんで、明るくなるに連れて山の曲線が綺麗に線をなして…懐かしい~

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。