それは「心に風邪を引いた」ことから始まった②

徐々に進行していったウツ

私が気を失うようなショックなことがあっても

何日もかけて取り組んでいたデータベースが消失しても

当時の上司も同僚も、まるで、他人事。

「保存していなかった方が悪いんじゃない?」

「今までの残業代がもったいなかったねー」


まあ、確かにそうだ。


仕事の妨害をするような人が社内にいるということを

誰も取り上げてはくれなかった。

同僚は逆に自分に危害がおよんでくるのを恐れて

誰も私に近づかなくなり

お昼ごはんもひとりで過ごすようになった。

私も誰が消したのかを追求してほしいという気もなかったし

(誰だかはわかっていたから)

もう1回やり直せばいいと、我慢して大事にはしなかったのだ。

(何の為にこういうことをするんだろう…)とは思っても

本人に問いただすこともなく、淡々とデータベースを仕上げた。


ただ、初期状態に戻されていたPCを目の前にして気を失って以来、

通勤の電車の中で具合が悪くなって

途中で降りてしまうことが増えていった。

夜中に何度も目が覚め、寝付けない。

突然、訳もなく涙が出てくる事もあった。


そんな状態が半年も続いていて、気づいたら病院の手術台に寝かされていて

医者に呼びかけられて起きたということがあった。

街で突然倒れていたらしい。

五反田で降りたのは覚えているけど、その後全く何も覚えていない。

「頭打っているから、ゆっくり自宅に戻って安静にしていて」

と、医者に言われても事情が呑み込めなかった。

後頭部にざっくり15㎝ほどの切り傷が出来ていた。

見知らぬ人が救急車を呼んでくれたのか…


それでも自分が置かれている状況、侵されている病には気づかず

時々通勤途中で具合が悪くなりながらも

眠れない夜が続いていても

上司以外の誰とも話すことがなくても

仕事を続けていたのだ。つづく


心の風邪予防に

無料メール講座「自分自身が歩くパワースポットになる!心の断捨離7つの習慣」

http://www.reservestock.jp/subscribe/25825

もよろしくお願いします。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。