ローカル企業が生き残るためのマーケティング戦略考察①

1 / 3 ページ



こんにちは、

モテるマーケティング代表の佐藤です。


「こんにちは」と打とうとして「こんにつわ」ってなってしまって少しホッコリしました。



さて、今日のテーマはローカル企業が生き残るためのマーケティング戦略考察ということで、いろいろと考察していきたいと思います。



まず、ローカルの定義ですが・・・

いわゆる田舎です。

例えるならば、僕が住んでいる宮崎県。

宮崎県の人口は・・・



Googleってすごいですね・・・

宮崎県庁の最新の人口推計データだと、1,114,606人(男523,470、女591,136)と発表されています。

女子のほうが多いんですね。


つまり、東京、大阪、名古屋、福岡など大都市圏を除く一般的な都市の話です。

駅前商店街を歩く人が年々減少、シャッターを閉めたままの店舗も目立ち、イオンに人が溢れている・・・


そんな、ローカルでローカルに住む顧客を対象にビジネスを展開している企業がとるべきマーケティング戦略とは、どうあるべきでしょうか?



なんだかんだ言って、ネットは必須


ローカルだから、PV少ないからネット展開(ホームページの設置など)は必要ない?・・・それは間違いです。

商圏、店舗の周りに人が少なくなってきたからこそ、ネットは必須です。

加えて、ローカルユーザーの立場に立った、役立つサイトが必要になってきます。

商圏を広げ(県外顧客も含め)、これまでよりも多くの顧客との接点を増やすためにもネット展開は必須になります。


・・・では、どのように集客していくか?



どうやって集客するか?


これまでは、店舗を構えているだけでお客さんが来ていたかもしれない。

でも、これからは厳しいです。少子高齢化、都市への人口集中でローカルはもっと人がいなくなる。

みんなの読んで良かった!