ローカル企業が生き残るためのマーケティング戦略考察②

1 / 4 ページ



こんにちは、

モテるマーケティング代表の佐藤です。


いつも日の出前に起きてるんですが、今日は寒すぎてダウンジャケットを2枚重ねる暴挙に出ました。

しかし、それでも・・・寒い。



前回の記事で、ローカル企業が集客を行う際の広告手段として、ネット広告、テレビCMについての話をしました。



今回はその続きとして・・・


新聞広告、DM(チラシのポスティングや折込、DM送付など)について話していきたいと思います。



・権威性と信頼感を与える新聞広告


さて、ローカル企業における新聞広告ですが、新聞の種類にもよりますが、有効であると考えます。

発行部数は減っているといえども、地域との結びつきやメディアの特性を考えると新聞広告でもまだまだ反応は取れるはずです。

加えて、他の媒体と連携させる(クロスメディア)ことで、相乗効果を発揮します。


しかし、大事なことはやはり、反応(レスポンス)を測れるようにしておくこと。

そして、広告後の動線を準備しておくことは必須です。



・知っている人はやっているDM広告展開


チラシを作成して直接ポストに投函したり、ハガキや封書で顧客宅に送付したり・・・などなど。

あなたの家にも色々と届くのではないでしょうか?

じつはこの方法、使い方次第ではローカルで相当な威力を発揮します。

原稿やタイミング、形態によって効果は変わりますが、その実力は計り知れません。

いろいろと理由は存在しますが、まず、本気で使っている企業が少ないこと。

そして、レスポンス施策が取りやすいことなどが考えられます。


これももちろん、反応率を測れるようにし、配布後のユーザーの導線を準備しておく必要があります。

加えて、広告原稿によって反応が大きく変わるので、ライティングスキルも必要になるでしょう。

かっこいいチラシじゃなくて、反応が取れるチラシを準備する必要があります。



失敗しない広告選択のコツ

みんなの読んで良かった!