なんでもうまくないといけないというような世界に苦しみを感じる

以前note.muで書いた文章です

https://note.mu/underthesky/n/nf333e75b1fc5


 世の中、すごい技術をもっていたり、忙しいことであることが正しくなっていて、モノで日本はあふれているのに、忙しさで疲れている。そんなひとときに潤いを与えてくれるのが趣味だ。


 絵の入門サイトとして、ヒトカクというのがある。その人の出している本、『人を書くのって楽しいね』のはじめにはこう書いてある。


―――引用―――

はじめに

あなたはきっと絵を書くのが大好きなんでしょう。そうでしょう。そうでしょうとも。でないとこの本を見ていませんもの。絵が書きたいのに自信がないから描けないないよと嘆くあなた、自信なんて才能なんて関係ありません。あなたが書いていて楽しければそれでいいのです。

だからいますぐ描きましょう。

―――引用ここまで―――


 良い文章だ。すばらしい。絵への愛情を感じる。人はいつからこの精神を忘れてしまうんだろう。自分自身も忘れてしまうことがあるが大切にしたい心である。


 技術があることは確かにすごいだろうし、それなりの努力をしてきた。というのはわかるのだけど、それだけの社会ってとてもつまらないものになるのだろうと個人的に考えている。


 上手い人、技術のある人、コミュンケーション能力に長けている人、何か長所だけ着目して、ダメな部分を蹴り落とす。そういうのはとても息苦しいと思う。


 楽に、自由に楽しく生きたい


<了>



HP http://underthesky.info


note.mu https://note.mu/underthesky/


mail cdr65820@gmail.com

著者のKato Keiichiroさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。