夜中に書く文章ははずかしい。

 今も書いていることが、朝になると恥ずかしく思うのだろう。

夜中に書く文章なんかろくなもんじゃない。

だけど、頭は何かを想像して、妄想して、興奮して、「書きたい書きたい」って思わせてくれることも夜中ならではだ。

今書いている文章を、朝に読むと恥ずかしいことこの上ないんだろうな。

かのイチローも、ラブレターを書くなら、昼間に書くほうがいいという。

それだけ夜中に書く事が、自分の思っている以上の興奮状態で、わけわからないほどすらすらかけてしまう。


だから、真面目な文章を書く事はよくない。

論文とか、履歴書も。もちろん、真面目なラブレターも。

それだけあまり考えずに、秩序もなく文章を書いている証拠なのだ。


でも、本当は夜中書きたいことは、本音を書きたいのだ。

わけわからなく何も考えていないんじゃないんだ。

無秩序で、自由に書きたいだけなのだ。

朝になったら、書けなくなる。


この文章も今だから書ける。


そろそろ、寝よう。

明日を迎えよう。

著者の橋口 彰人さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。