【Part 4】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~大学3年生編~

2 / 8 ページ

 

「くわばらを劇に出したい」









 と、熱く語ってくれた。








 ミラッキさんにこの事を話すと、








 

ミラッキさん
「一度、こっちに電話相談してから、彼女に電話した方がよかったね」









 と、言われた。








 実家から、東京の部屋に戻り、いよいよ稽古場。








 最近、仕事先で出会った言葉だが、








 「PNP」、ポジティブ(P)、ネガティブ(N)、ポジティブ(P)。と、演出をしなければいけない。








 演出家が必要な要素だと、勝手に思っているのだが、役者が演技をしたら、「ポジティブ」。良い点をあげて、「ネガティブ」、でも、こうしたらいいかもね。「ポジティブ」、でも、大きな声が出てよかったよ。








 と、言う風に演劇は作り上げられるのではないか。と、演出を中学生以来やっていないので、分からないが、何となく、そう感じている。








 一方彼女は、そんな事は、言わない。言わないのでない。言えないのである。言わないと言う遠慮というのが嫌だった。








 記憶にないが、その場にいたたまれなくなって、部室に戻った。たぶん、ブチギレたんだと思う。








 部室に戻ると、バーベキューをしていた。








 「どうした?」








 と言うと、




カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の桑原 和也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。