【Part 4】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~大学3年生編~

4 / 8 ページ






 高校時代のトラウマがよみがえる。








 自分は奇声をあげながら、グラウンドを200メートル走りぬけた。








 涙を流しながら、








 「ごめんなさい~ごめんなさい~。」








 と、ティッシュ箱一箱全て使い切るほど泣いていた。泣き叫んでいた。








 自分のせいで、打ち上げがめちゃくちゃになってしまった。








 繰り返して言うが、「統合失調症」と言うのは、「良い人」がなってしまう病気だ。言い変えてしまえば、「都合が」良い人がなってしまう。自分で抱え込んでしまう病気なのだ。








 自分にブチギレた主演の女の子は、悠長にお酒を飲んでいたらしい。








 自分は、部屋に帰って行った。








 でも、その打ち上げも、悪い事ばかりではない。自分は、あるメールを一通送っていた。
























 「主催者様へ。






  最初は、この舞台、降りようかと思った。






  でも、あきらめなくてよかったよ。






  最高の舞台、ありがとう。






  貴重な経験が出来た。






  またな。」



 このメールを見た主宰の女の子が、酔っ払いながら、








 「くわばらありがと~。」








カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の桑原 和也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。